任意整理の返済期間中でも借入融資はできる?!

任意整理の返済期間中に、新たに融資を受けることはできるのでしょうか? 原則としては任意整理の期間中に借金をすることは出来ませんし、するべきではありません。 しかし、どんな原則にも例外はあります。任意整理の期間中に絶対に借入ができないのか、というとそんなことはありません。

任意整理の返済中に借入はできる?
ねえねえ、先生ー!
任意整理の返済期間中は、やっぱり新規で消費者金融などから借入を行うことは難しいんだよねー?!
そうだね、任意整理をすると個信に異動情報(事故情報)が5年間登録されてしまうから、大手消費者金融などの大半は審査で落とされてしまうだろうね。 ただ任意整理中に借金をすることは絶対におすすめはできないんだけど、不可能なわけではないんだ。
不可能ではないってどういうことー?!
任意整理の返済期間中でも、キャッシングなどで借入できる可能性はあるってことなのー?!
そうなんだ。貸金業法の改正以降、金利の制限や総量規制などの煽りを受けて、消費者金融は業績不振で困っているとことが多い。特に、知名度の低い中堅消費者金融なんかは大手が貸さないような顧客も拾わないと厳しくなってきているんだ。
なるほどー! だから中小金融業者なら、任意整理期間中でもその他の属性によって貸付をするケースはあるってことなんだねー。

 
任意整理の返済期間中は、原則として新たな借入や融資を受けることはできません。また道理的にも任意整理期間中に新たに借金をする、というのは一番避けるべき行為です。弁護士の先生にも依頼時にその点は指摘されているはずです。

任意整理中だけど、どうしても借金が必要な場合ってある?!

しかし、どうしてもやむを得ない事情で一時的に借入が必要なケースもあるかもしれません。例えば、

  • 今月支払いができなければ任意整理が破綻してしまう場合
  • 今月だけ一時的に借入が出来れば、任意整理を継続できる場合
  • あくまで一時的な資金難で、すぐに返済できることが確実な場合

 
というような場合です。このような場合には、中小消費者金融を探すことで融資を受けられる可能性があります。

大手消費者金融は任意整理期間中の借入は無理

大手消費者金融の多くは借入件数も多いため、スコアリングシステムという審査基準を導入して自動審査で与信判断を行っていることが多いです。つまり、年収や勤続年数、居住年数、信用情報や事故情報の有無から自動的に審査判定をしています。

スコアリングシステム
個人情報を入力するだけで、統計的モデルから自動的に信用度を点数化(数値化)し、それによって融資をするかどうかの与信判断を実施するコンピューターシステムです。JICCやCICなどの信用情報機関に、任意整理などの異動情報があるとこのスコアリングシステムで自動的に融資不可と判定されてしまいます。

 
例えば、アイフルやアコム、モビットなどといった大手消費者金融はまずこの自動審査を導入していますので、CICやJICCなどの個信に任意整理の情報が残っていると、ほぼ確実に借入は出来ません。そのため一般的に、任意整理から5年間は新規で借入が出来ないと言われています。

中堅消費者金融なら、任意整理中でも可能性あり?!

一方で、中堅以下の消費者金融の場合は、大手と同じ審査基準で貸付は行っていません。なぜなら、同じ審査基準で貸付を行っていると、全て顧客は大手消費者金融に奪われてしまい、貸付ができなくなってしまうからです。特に、改正貸金業法の施行で金利の上限が改定され、総量規制が導入されてからこの傾向はさらに顕著です。

総量規制の影響
2010年6月に施行された【総量規制】により、消費者金融業者は、利用者の年収の最大3分の1までしか貸付が出来なくなってしまいました。これにより、貸付枠が大幅に減少し、中堅以下の消費者金融は、お金を貸したくてもなかなか貸せない状況に追い込まれてしまっています。

 
上限利息が20%以下まで引き下げられて、さらに総量規制で貸付金を規制されてしまったため、中堅消費者金融はいま生き残りが非常に大変になっています。

大手消費者金融であれば、テレビCMやメディア媒体に広告費を投入することで、集客・ブランド認知を図ることができますが、中堅消費者金融はただでさえ怪しいイメージを持たれてしまいがちなため、大手と同じ審査基準では貸付先が少なくなってしまうのです。

 

異動情報があっても、他の属性で総合的に判断して融資

pics1367

たまに誤解されていることがありますが、任意整理期間中に借金をすることは法律違反でも何でもありません。 道理的に良いか悪いかは別にして、金融業者も任意整理の期間中の人に貸付をしてはいけない、という決まりはないのです。

そのため中堅消費者金融では、個信に異動情報(金融事故)が登録されていたとしても、例えば年収や、現在の借金の有無、勤続年数や勤務先、人間性、などの複合的な要素から、独自の審査基準で総合的に与信判断をしているケースが多いのです。

実際に任意整理の返済中でも借入が可能な業者は?!

具体名を出すのは少し憚られる面もありますが、キャッシング関連のコミュニティや掲示板では有名な話でもあるので、いくつかの業者を紹介します。ただし、これは2015年現在の話で、今後の景気情勢や法律の規制、経営方針によって状況が変わることは十分にあり得ます。

また、中堅消費者金融でも、原則として任意整理返済中は厳しいということに変わりはありません。あくまで大手消費者金融と比較すると可能性がある、というだけの話で、借りれなかったからといって「話が違うじゃないか!」と怒ることのないようにお願いします。

フクホー

WS03487

フクホーは大阪に拠点を置くれっきとした金融庁登録会社です。

・登録番号/大阪府知事:第12736号
・日本貸金業協会会員 第001391号
・日本消費者金融協会(JCFA)会員 第66045号

あまりテレビCMなどの広告や認知活動を行っていない為、知名度は低いですが、会社は1970年創業と45年以上の歴史を持つちゃんとした正規の消費者金融です。

フクホー 無担保ローン 目的ローン
実質年利 7.3%~18.0% 7.3%~15.0%
借入限度額 新規web申込:50まで 5万~200万
返済期間 最長5年(最大60回払い) 最長5年(最大60回払い)
返済方式 元利均等返済 元利均等返済
保証人の必要有無 原則不要 原則不要

 

ライフティ(RYFETY)

WS03487

ライフティは東京都知事で貸金業登録している正規の消費者金融です。

・登録番号/東京都知事:第28992号
・日本貸金業協会会員 第005552号

こちらもアイフルやアコムなどの大手消費者金融と比べると知名度、認知度は低いですが、ちゃんとした消費者金融です。

融資条件も大手のようなスコアリングシステムではなく、独自の審査基準を導入しています。

ライフティ 融資条件
実質年利 4.5%~18.0%
借入限度額 1,000円~500万円
返済期間 最長10年(最大120回払い)
審査期間 最短の場合、即日

 

闇金にだけは「絶対に」手を出してはいけない

任意整理の返済期間中は、前述のように原則として正規消費者金融から借入を行うのは難しいです。しかしだからとって、絶対に闇金などの無登録業者、違法業者から借入を行っていはいけません。これだけは本当に絶対やめましょう。

世の中、闇金からお金を借りなければならないほどの局面というのはそうそうありません。任意整理期間中に、どうしても資金繰りに困りどこからも借入もできない場合、個人再生や自己破産を検討する、という手段もあります。闇金などの高金利な違法業者に手を出しても、確実に状況は悪化するだけです。

 

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る