任意整理後に住宅ローンや車ローンを組むことはできる?

任意整理後に住宅ローンや車ローンを組むことができるか?という質問は多いです。任意整理での完済後からどれくらい期間が経過しているかにもよりますが、5年以内だと厳しいと思います。

任意整理後にローンを組むことはできるのか?
ねーねーっ!先生ーっ!
任意整理で借金を完済し終わった後に、ローンを組みたいんだけど、ローンを組むことはできるのーっ?!
任意整理の事故情報は5年間ブラックリストに登録されるから、少なくとも任意整理発生時から5年間は無理だろうね。ローン審査の場合、必ず信用情報機関の事故情報を確認するからね。
なるほどっ、任意整理の和解日から5年間は難しいってことだねー。
5年間経ったかどうかが怪しい時って、それを確かめる方法はあるのかなー?
そうだね、JICCなどの信用情報機関の情報は自分でも開示請求できるから、今もまだ登録されているかどうかが不明な場合は、自分で開示してみるのもいいかもしれないよ。
  • 任意整理後5年間はJICCなどの信用情報機関に登録される
  • 住宅や車のローン審査は上記の登録期間中は原則厳しい

 
【関連】 任意整理で借金がいくら減るのか今すぐ無料診断する方法

任意整理発生から5年間はローンは組めない

任意整理の事故情報が信用情報機関に登録されるのは、事故が発生してから5年間です。詳しくは以前に解説した「任意整理の事故情報の登録期間はいつから?」を読んでほしいのですが、任意整理の事故情報はJICCでは、受任通知の送付から5年間登録されます。

CICの場合

またCICには任意整理の記録は保存されませんが、遅延・延滞の記録(異動情報)として延滞の解消から5年間は情報が登録されます。つまりCICの場合は短くても和解締結から5年間は事故情報が登録されます。(JICC、CICなどがわからない方はこちらの「信用情報機関って何?」を参照)

CICの任意整理の登録
JICCは任意整理の履歴が登録されるのに対し、CICは直接的には任意整理情報は登録されません。ただしCICでは返済履歴の有無が毎月記録されていくため、任意整理をおこない長期間に渡って返済が滞るとそれが事故履歴として残ってしまいます。この毎月の返済情報は5年間保有されます。

 
これら、JICCやCICなどの信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、残念ながら新しくローンを組むことはできません。銀行や金融機関は、ローンの審査の際に必ずこれらの信用情報機関を照会して個人情報を確認します。

 

信用情報機関の情報は自分で開示請求できる

上記は逆にいえば、債務整理の信用情報さえ消えてしまっていれば何の問題もありません。任意整理の通知から5年以上が経過していて、そろそろ登録期間が過ぎている(情報が消されている)のではないかな、と思ったときは自分で信用情報機関に個人情報を開示請求して、それを確かめることができます。

詳しくは信用情報機関別に別記事でまとめていますが、例えばCICであれば「インターネット開示」「郵送開示」「窓口開示」から選んで申し込むことで自分の信用情報を照会することができます。

 

ブラックリストの登録期間中は貯蓄して耐え忍ぶ

住宅ローンや車ローンを組みたくても、信用情報機関に事故情報が登録されていることがわかったら正直どうしようもありませんので信用情報が消えるのを待つしかありません。気持ちがはやるのはわかりますが、まずは頭金を貯めるなど貯蓄に精を出しつつ我慢強く待つのがいいと思います。焦ってもあまりいいことはありません。

もしまだ任意整理の返済中であれば、まずしっかり任意整理の返済を優先させるべきです。取引が継続しているあいだは信用情報機関に何らかの情報は登録され続けます。取引履歴の情報は完済から2~3年のあいだ記録されます。

 

住宅ローンや車ローンは、少なくとも任意整理の通知から5年間は難しいんだねーっ!
そうだね、5年間は長く感じるかもしれないけど、大局でみれば人生のなかでは短い期間だと思うよ。5年間はやはり借金に頼ったりせずに貯金で自己資金を貯めて、5年後の喪明け期間に備えておくのがいいだろう。
まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る