任意整理で郵便物が家に届いてバレることはある?!

家族や夫婦に内緒でバレないように任意整理したい、という方は多いですが、こちらの記事「家族や職場に内緒で任意整理するには?」でも解説しているように、基本的には任意整理を行っても家族や知人にバレることはありませんので心配ありません。

任意整理で何らかの郵便物が届くことはある?!

まずカード会社や消費者金融から何らかの催告や郵便物が届くことを心配されている方も多いかもしれませんが、任意整理手続き期間中に債権者が郵便物が届くことはありません。弁護士に任意整理を依頼すると、弁護士は各債権者に受任通知を送付します。

受任通知
受任通知とは、弁護士が各債権者に「債務者の○○さんから任意整理の依頼を受けました」という通知をおこなうことです。この受任通知を送付すると、貸金業法21条の取り決めにより各債権者は直接、債務者に借金の返済を催促することができなくなります。

 
このため任意整理の手続き期間中に、催告を含めた郵便物や電話などの連絡が債権者から来ることは一切ありません。 全ての連絡は弁護士を経由して行われるため、債権者からの郵便物で任意整理がバレるということはありません。

裁判所からの郵便物や連絡は?!

任意整理手続きは、「自己破産」「個人再生」「特定調停」といった他の債務整理手続きと違い、唯一、裁判所を経由しなくてもいい債務整理の手続きです。任意整理は、あくまでも債務者(代理人弁護士)と金融業者との直接交渉であり、裁判所は一切関与しません。

そのため当然ながら、裁判所から郵便物が来ることも一切ありません。裁判所からの郵便物で任意整理がバレることもないでしょう。

弁護士からの郵便物で任意整理がバレる?!

正直、一番可能性があるとしたらコレです。任意整理の手続き期間中は、債務者本人は弁護士以外と連絡を取ることはありません。そのため、弁護士からの郵便物だけ気を付けておけば大丈夫、ということになります。

弁護士から届く可能性のある郵便物には、以下のようなものがあります。

  • 金融業者との和解契約書
  • 取引履歴開示請求の資料
  • 委任契約書の写し
  • 弁護士費用の請求書等

 
ただ委任契約書の写しや、取引履歴開示請求の資料については、こちらからお願いしない限り、特に渡さない弁護士事務所も多いでしょうからあまり心配ありません。業者との和解契約書だけは、今後のために確実に貰っておいたほうがいいでしょう。

このような場合でも、あらかじめ弁護士に事情を相談しておいて、直接自宅に郵送しないようにお願いしておけば問題ありません。解決策としては、以下のような方法が考えられると思います。

弁護士事務所で直接、受け取るようにする

事情を説明した上で、受け渡しが必要な書類があれば、その都度、弁護士事務所に直接いって受け取るようにしておけば問題ありません。 頻繁に弁護士からの書類の受け渡しがあるようなケースでは多少面倒ですが、任意整理の場合はほとんどのそのような書類はありません。

なかには、最初の委任契約時に面談して依頼、和解まで一度も弁護士から連絡がない、というケースもあるくらいなので、受け渡しが必要な書類がもしあれば、全て直接弁護士事務所に出向いて受け取る、というスタンスでも大丈夫なのではないかと思います。

郵便局留めで発送してもらう

これは予め、弁護士の先生に「郵送物や書類はすべて郵便局留めで送ってください」とお願いしておくような形になります。 郵便局留めとは、郵便物を自宅のポストまで配達せずに、最寄りの郵便局で保管しておいて本人が自ら受け取る、という仕組みのことです。

WS03494
出典:http://www.post.japanpost.jp/service/sisho/

 
郵便局留めの郵送であれば、自分の好きなタイミングで郵便局の窓口で受け取ることができるため、任意整理について家族や同居人にバレる心配もありませんし、プライバシーも完全に守ることができます。

 

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る