破産管財人が自宅訪問することはある?家や職場への電話は?

管財人が選任された場合でも、自宅訪問がされるケースは稀です。特に東京のような都市圏では、個人の破産で自宅訪問がされることはほとんどありません。ただし一部の地方では、まだ全ての破産者の自宅を訪問する方針の管財人もいます。また破産者が自己名義の自宅を所有していたり、高価な動産を所持している場合は、例外的に自宅訪問がされることがあります。

管財人による自宅訪問がされる場合
ねえねえ、先生ー!
自己破産の手続きで、管財人(※)が選任されたんだけど…。管財人が自宅に来る可能性はあるのかな? 家族に自己破産のことは内緒にしてるから、家に来られるのはちょっと困るんだけど…。
基本的には可能性は低いよ。東京や大阪では、全破産者の自宅を訪問する、ということはありえない。ただし自宅が破産者名義の場合は、「売却できるか」「どのくらいの査定額になるか」を調査するために訪問・内覧する可能性はあるけどね。
破産者名義の場合か…。
まあ家を売却するなら、管財人や不動産業者が自宅を訪問するのは当たり前だよね。じゃあ賃貸物件だったり、親名義の実家に住んでる場合なら、自宅訪問の可能性は低いってことね?
うん、基本的にはね。
ただし申立書の財産目録で、高価な動産を申告している場合は、確認のために訪問する可能性はある。他にも、財産隠しが疑われてる場合は、目ぼしい動産がないかを調べにくる可能性はあるね。
高価な動産か…。
例えば、美術品とかブランド物とか、ピアノとかかな。浪費が激しい人とか、免責不許可事由(※)がある人は、自宅にそういう贅沢品がないか疑われる可能性はありそうね。
そうだね。借金の原因が浪費の場合は、生活の状況を調査するために自宅を訪問する可能性もあるね。家計簿だけでもある程度の生活状況はわかるけど、実際に自宅を見たほうが、普段どういう生活をしているのかイメージしやすいからね。
なるほど…。
じゃあ、もし管財人が家を訪問することになった場合、私の部屋だけを見に来るのかな? それとも家族全員の部屋を調べるの? それに、棚や引出しを全部開けたりもするのかな?
普通は、調べるのは破産者の部屋だけだね。他にも物置とかリビングとかは見るだろうけど、家族個人の部屋まで1つずつ調べることはしない。棚や引出しを開けるかどうかは管財人の判断によるけど、警察の捜査みたいに隅々まで調べることはないよ。
【 補足 】

上記の他にも、自宅を事務所にして個人事業を営んでいたり、法人経営者の場合も自宅訪問がされる可能性はあります。また地方では今でも稀に、「全ての破産者の自宅を訪問する」という方針の管財人がいるようです。しかし原則として、通常の個人破産で、特に免責にも問題のないケースであれば、わざわざ自宅訪問までされることはありません。詳しくは弁護士に相談してみてください。

参考 → 今すぐ弁護士に相談するならココ!(相談無料)

  • 東京・大阪など都市圏では、破産者の自宅訪問をするケースは少ない
  • 高価な動産を所持していたり、生活状況の調査の必要がある場合は例外
  • 管財人が職場を訪問することはありえない。連絡先も基本的には携帯電話
自己破産できるかどうか、他の方法で借金が減らせるか診断してみよう

「破産管財人の自宅訪問」についてのよくある質問

家族と同居していて破産を内緒にしてるんだけど、配慮はしてくれるの?
管財人によります。
「家族にバレたくないから自宅訪問は辞めてほしい」というのは無理ですが、「日程や時間を調整して欲しい」という要望であれば、考慮して貰える可能性はあります。ただし管財人によっては、家族にバレたくないという自分の都合を主張し過ぎると、「本当に債権者に迷惑をかけたことを反省しているのか?」とあまり快く思わない方もいます。軽く聞いてみる程度にしましょう。
部屋の写真を撮って提出するだけじゃダメなの?
自宅訪問の目的にもよりますが、難しいでしょう。
写真ではいつ時点のものかわかりませんし、動産を隠しているかもわかりません。また管財人は「自宅を訪問した」という事実を報告することで、裁判所や債権者に対して、管財人としての仕事をしたことをアピールしたい思惑もあります。管財人の報酬は、裁判所が管財人の仕事内容を評価した上で決定しますので、そういう目的で、自宅訪問をする管財人も少なからずいます。
管財人の自宅訪問を拒んだり、引出しを見るのを断ることはできる?
事実上、できません。
管財人には執行権限はないので、強制的に自宅に立ち入ったり、勝手に引出しを開けることはできません。しかし破産者には、管財人に対する「協力義務」「説明義務」「重要財産開示義務」があります。そのため、管財人の調査への協力を拒むと免責不許可になる可能性が高くなります。また説明義務への違反には、刑事罰(罰金等)が科せられる場合もあります(破産法268条)

管財人から自宅や職場に電話が来ることはあるの?

管財人が自宅に電話をかけてくる可能性はあるの?
可能性はあります。
管財人との面談の日時を調整したり、その他、何か聞きたいことがある場合には、管財人から破産者に直接電話がかかってくることがあります。ただし、携帯電話の番号を管財人に伝えていれば、通常は携帯電話に連絡がきます。「どうしても繋がらない」などの事情がない限り、自宅に電話がかかってくることは少ないでしょう。もし携帯に着信があれば、必ず折り返しましょう。
管財人が職場を訪問したり電話することはあるの?
自営業を営んでいたり会社経営をしている方は別ですが、一般的なサラリーマンの方が個人的に破産するだけであれば、管財人から職場に連絡が行くことはありません。もちろん、管財人が職場を訪問することもありえません。ただし管財人が、破産者の携帯電話に何度電話をしても繋がらず、かつ代理人弁護士を通じても連絡が取れない場合(そんなケースはありえないと思いますが)、最終的に、仕方なく職場に連絡を取る可能性はあります。

 

閉じる

ページの先頭に戻る