自己破産の少額管財手続きで費用を安くおさえるには?

自己破産には同時廃止と破産管財の2つがあることは以前にも「自己破産には同時廃止と破産管財の2種類がある」の記事で解説していますが、ここで「少額管財」という言葉がでてきました。

通常の破産管財よりも手続きを簡略化することで、迅速かつ費用も安く破産手続きができる、というメリットのあるのが少額管財。この記事ではこの少額管財についてより詳しく説明します。

少額管財って?
ねえねえっ、先生ーっ!
こないだ、少額管財を利用すれば、通常の破産管財よりもかなり予納金が安くて済むって聞いたんだけど、この少額管財ってどの地方裁判所でもできるものなのーっ?!
うーん、裁判所によって少額管財の制度があるところとないところがあるね。というのも、少額管財というのは、特に破産法などの法律で定められている制度じゃないんだ。
えっ!法律で定められてるような仕組みのことじゃないのっ?
どちらかというと、各裁判所の手続き上の仕組みの違いって感じだね。法律的には、少額管財も破産管財も違いはないよ。

 
少額管財は、そもそもは東京地方裁判所ではじめられた制度で、申立て人の代理人弁護士(破産者が依頼して用意する弁護士)と破産管財人が協力することで手続きを迅速化・簡略化し、それによって裁判所費用(予納金)を安くしよう、という運用の仕組みです。

自己破産できるかどうか、他の方法で借金が減らせるか診断してみよう
代理人弁護士と破産管財人が協力する制度

syo-gakukanzai

例えば、不動産や動産で処分対象となる財産がある場合、破産管財人はそれを売却して債権者に配当するためにその価値の見積もりを出す必要がありますが、これは代理人弁護士が事前に調査しておくこともできます。

あるいは、特定の債権者について過払い金が発生している場合にそれを計算して取り返し、返済原資に充てる、というのも破産管財人の1つの仕事ですが、これも代理人弁護士とのあいだで協力が可能です。

このように少額管財では、代理人弁護士と協力することで自己破産手続きをスピーディーに進めます。そのため、少額管財を適用するためには破産者が代理人を弁護士に依頼していることが必須条件になります。本人が自分で申立てをおこなっている場合は適用できません。

 

少額管財はどんなときに適用できるの?

少額管財は前述のように全ての地方裁判所で適用できるわけではありません。最近では、主要な大都市の地方裁判所だと少額管財を適用できるところが増えていますが、まだ少額管財の運用がされていない裁判所も多数あります。

少額管財事件として扱われるには、以下のような条件が必要です。

  • 破産債務者が代理人として弁護士に依頼していること
  • 管轄が東京地方裁判所などで少額管財の運用があること
  • 処分換価されるべき財産(20万円以上の資産、99万円以上の現金)があること
  • 免責不許可事由やその他、調査の必要がある場合
  • 個人やあるいは零細企業の破産であること

 
上記の3、4を満たさない場合は、そもそも同時廃止事件として処理されるべき案件なので、少額管財としては扱われません。(参考:「少額管財には免責調査型など5つの種類がある」)

少額管財のメリットは?

少額管財手続きはなんといっても、「迅速」であることと、「予納金が安い」ことの2点が最大のメリット・利点になります。そもそも自己破産手続きは、生活が困難になっている債務者などに経済的な再建の機会を与えることですから、その破産手続き自体が高額すぎて債務者が支払えないようでは意味がありません。

そのため少額管財では、予納金の費用がかなり安く設定されています(参考:「自己破産で裁判所に支払う予納金などの費用は?」)。

また、裁判所への自己破産の申立て件数はかなりの数に上りますので、裁判所側の事情としてもなるべく手続きは簡略化したいと考えています。そういった意味で、少額管財は破産者と裁判所の双方にとってもメリットのある仕組みです。

少額管財のメリット
予納金が最低20万円弱と通常の破産管財の半分以下の費用で申請できる
手続き期間が3-6カ月と通常の破産管財よりかなり短くて済む
差押えなどの強制執行の中断や免責など、通常の破産管財と同じ効果が得られる

 

管轄の地方裁判所で少額管財が運用されていない場合

管轄の地方裁判所で少額管財が運用されていない場合はどうすればいいのでしょうか? 実際のところは、依頼する代理人弁護士などの力量にもよるようですが、例えば債権者の一部の法人が東京にある、など、何らかのかたちで東京と繋がりがあれば、東京地方裁判所の管轄で少額管財として扱って貰えるケースはあるようです。

また、その他の地方裁判所でも少額管財を希望する旨を伝えて相談すれば、可能な場合もあります。

ページの先頭に戻る