信用情報機関って何?債務整理でブラックリスト登録される?

任意整理や債務整理について調べていると、信用情報機関への登録(ブラックリスト登録)について目にすることが多いはずです。信用情報機関とは一体どういうものなのかまとめてみました。

信用情報機関って何?
ねーっねー!先生っー!
信用情報機関って今までの回にもたびたび出てきてたけど、そろそろもっと詳しく知りたいなーっ!
そうだね。
今までにも、信用情報機関に登録されると住宅ローンが組めなくなったりカードが作れなくなったりといったデメリットがある、という話はしてきたけど、信用情報機関が何かはまだ詳しく話していなかったね。よし、今回は信用情報機関について学習しよう。
やったーっ!お願いしまーす!

 

  • 信用情報は金融機関だけが参照できる信用能力に関する個人情報
  • 信用情報機関には、JICC、CIC、JBAの3つの団体がある

信用情報機関ってそもそも何なの?

信用情報機関というのは、金融機関同士が新規のキャッシングやクレジットカード審査などにあたって個人の支払能力や信用能力についての情報を登録・共有するために設けられた機関です。この信用情報機関では、個人の貸金業者の利用履歴を信用情報データとして保有しています。

信用情報に登録される情報

信用情報機関には、過去に金融機関と取引のあった個人の氏名、生年月日、住所、電話番号や勤務先などの個人情報と、過去のカードや金融機関の利用履歴、返済額、滞納や延滞、事故情報などの情報が登録されています。

債務整理(任意整理、個人再生、自己破産を含む)をすると、債務整理をしたという履歴が信用情報機関に事故情報として登録されます。これがいわゆるブラックリスト登録ですが、この登録期間中は新規で貸金業者からの借入や、新しいクレジットカードの作成、ローンの審査などが出来なくなります。これが債務整理のデメリットの1つです。

 

信用情報機関には3つ種類があります

一括りに信用情報機関といっても実は3つの団体があります。CIC(株式会社シー・アイシー)、JICC(日本信用情報機構)、JBA(一般社団法人全国銀行協会)です。それぞれの団体によって登録される情報の種類や登録期間が異なるので注意が必要です。

JICC(日本信用情報機構)

JICC(日本信用情報機構)は主に消費者金融などの貸金業者や保証会社が数多く加盟している信用情報機関です。アコムやアイフル、プロミス、オリックスなど有名どころの消費者金融や、以前の「任意整理をおこなった後にアパート契約の審査や更新は通る?」の記事でも紹介したオリコ、エポスカード、セディナ、アプラス、ライフなどの保証会社会社も多数加盟しています。

JICCに登録される情報

またどのような情報を登録するのか、についても公開されています。JICCに関しては債務整理の情報は最大5年間登録されることがわかります。このように債務整理の登録期間は信用情報機関によっても異なります。

登録内容 登録期間
氏名、生年月日、住所、性別、電話番号、勤務先などの本人特定情報 契約内容に関する情報が登録されている期間
契約日、貸付日、貸付金額、保証額などの契約に関する情報 契約継続中または完済日から5年以下
入金日、借入残高、完済日、延滞などの返済に関する情報 契約継続中または完済日から5年以下(延滞は解消から1年)
任意整理、民事再生、破産申し立てなどの債務整理の情報 事実の発生から5年以下

参考外部リンク:
JICC加盟業者一覧1055社(平成26年8月31日)はこちら
JICC信用情報の登録内容と登録期間

 

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

CIC(株式会社シー・アイ・シー)はクレジット会社の共同出資で設立された信用情報機関です。なので加盟業者はクレジットカード・カードローンの信販会社が多くなりますが、消費者金融等の貸金業者も多数登録しています。

JICCと両方に加盟している業者も多く、例えば前述のアコム、アイフル、オリックスなどの消費者金融や、オリコ、アプラス、エポスカードなどのカード信販・保証会社はこちらのCICにも加盟しています。

CICに登録される情報

CICに登録される情報はこちらのページ(CICが保有する信用情報)に記載されていますが、見てわかるように「任意整理」「個人再生」といった債務整理の情報として登録されることはありませんが、支払いが滞ると普通の「遅延情報」として記録されます。遅延情報は遅延解消から5年間記録されます。

また約定返済日より61日以上、または3カ月以上の支払いの延滞が発生したり、裁判所が破産を宣告した場合には「異動情報」として登録されます。この異動情報も取引終了日から5年間は保存されますので注意が必要です。

CICの登録情報と記号 -豆知識-

CICには個人のクレジットカードの入金情報が毎月、記号で登録されていく仕組みになっています。例えば請求額以上の入金があれば「$」、請求額の一部のみ入金があれば「P」、顧客の都合で入金されていない「A」、請求がなかった「-」のような感じで記号が並んでいきます。

例:
$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$PPPP

債務整理をおこなうと、入金情報は「A」が複数(半年程度)並んだあとに、また通常通りの「$」または「P」が並ぶことになりますが、これはかなり稀なケースなのでこの入金情報を見ると金融機関は債務整理を疑うようです。

例:
$$$$$$$AAAAAAAAAAAA$$$$$$$

 

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

JBA(全国銀行個人信用情報センター)は全銀協(全国銀行協会)が設置・運営している個人信用情報機関です。ローンやクレジットカードに関する個人情報を登録しています。参加資格があるのは銀行、政府関係金融機関、信用保証協会、また銀行から推薦を受けた信販会社のみになります。加盟のハードルはCICやJICCよりも高いといえます。

JBAに登録される情報は以下のようになっています。任意整理は項目としては登録されません。個人再生や自己破産など、官報に掲載された情報は決定日から10年間登録されます。

 

なるほどねーっ!
ちょっと難しかったけどっ、なんとなくわかった!
うむ、まあ債務整理を行うときにこれらの信用情報機関について詳しく知っている必要は特にないからね。各債務整理のブラックリスト登録期間を把握できていればいいんじゃないかな。

ページの先頭に戻る