任意整理で分割払いは何回まで可能?支払い期間は?

任意整理の支払い期間は3年間の36回払いが基本になっています。ただ場合によっては5年間、最大60回払いになることもあります。

任意整理の分割払いは何回まで可能なの?
ねえーっ、先生ーっ!
任意整理で整理した借金は、大体どれくらいの期間で支払えばいいのーっ?!
任意整理での支払いは大体、3年の36回払いを目安にすることが多いね。最大でも5年の60回払いで、これ以上だと和解するのは難しいケースが多くなっているね。
ふーんっ、どうして3年間が原則、最大でも5年間、という取り決めになっているのかなー。5年(60回)以上の分割はどうして認められないのー?!
5年間で返済しきれない借金というのは、返済の実現可能性が著しく低くなるからだね。5年間以上もの年月をかけて毎月コツコツ返済を続けるのは厳しい。それなら個人再生や自己破産をした方が現実的だからね。
  • 任意整理の支払いは36回分割を目安におこなう
  • 最大でも60回以上の分割は不可能なケースが多い
任意整理でいくら借金が減るのか? 今すぐ無料診断してみよう

任意整理の分割支払いは3年が目安って本当?!

任意整理を検討する背景には、当然ながら借金の返済が困難な状態に陥っていることがあると思います。任意整理は「任意整理のメリットとデメリット」でも記述したように、官報に掲載されない、職業上の欠格事由にならない、等、社会的なリスクやデメリットが少ないところに大きな利点があります。そのため、弁護士もまず可能であれば任意整理で借金を整理できないかを検討する場合が多いです。

借金元本を3年間で返済できるか、が判断基準

ただし任意整理は、過去に払いすぎた利息の引き直し計算をベースに借金額の見直しをおこないますので、借金の元本の減額はありません。人によっては任意整理をしても、借金があまり減らない可能性があります。そのため、任意整理をするべきかどうかの判断は、「任意整理後の借金残高を3年で返済できるかどうか」を基準にして考えることが多いです。

5年でも返済できない場合は、個人再生か自己破産

3年間で借金が支払えない場合には、個人再生や自己破産など別の債務整理の方法を薦められることが多いです。3年以上の支払いというのは、長期間に渡っての返済になるので、環境の変化などでまた支払いが滞ってしまう可能性があるからです。ただし一部のケースでは、4年・5年に渡る最大60回の分割払いで任意整理をするケースもあります。

 

複数の貸金業者のうち、一部の業者の借金だけが極端に多いケース

複数の貸金業者に対して任意整理を行う場合で、他の業者への返済計画は3年以下でおさまりそうなものの、一社だけ極端に借入残高が大きく返済に時間がかかる、というようなケースです。この場合には、その一社のためだけに個人再生を検討するのも本末転倒なので、例外として一社だけ返済期間を5年・60回払い、とすることがあります。

債権者側は5年分割でも応じてくれるケースも多い

貸金業者や金融機関側は比較的、5年の分割返済払いにも応じてくれるケースが多いようです。ただ債務者の立場としていうと、借金の返済は長引けば長引くほど辛くなりますし、今は「毎月このくらいの額なら支払えるだろう」と思った金額も5年後となってくると状況が変わっているかもしれません。できれば3年36回払いでの返済計画をたてるのがベストです。

 

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る