ショッピングのリボ払いでのカード借金は任意整理できる?!

どれだけ借金をしても毎月、決められた一定額を返済すればいいというリボルディング払いは非常に便利です。しかし使い方を誤ってしまうと、取り返しのつかないほどの借金を抱え込んでしまう可能性があるため注意が必要です。

ショッピングのリボ払いは任意整理できる?!
ねえねえ、先生ー!
クレジットカードのショッピングで作ってしまったリボ払いの借金を、任意整理することはできるのかなー?!
任意整理することは可能だよ。ただショッピングやリボ払いの金利は、旧キャッシングの金利ほどは高くはないから、利息制限法に基づく引き直し計算をしてもそれほど借金は減らない可能性はあるけどね。
ふーん、そっかー。利息制限法を守った金利で借りているから過払い利息はないってことだねー。
それじゃあ任意整理をするメリットはないのー?!
いや、メリットがないわけじゃないよ。任意整理で借金の金額は減らないかもしれないけど、将来かかる利息は免除できるからね。リボ払いの返済は利息の負担が非常に大きいから、将来利息をカットできるだけでも十分なメリットがあるとは言えるだろう。

 
あまり金利の仕組みを理解していない方や、(学生、新社会人など)若い人ではじめてクレジットカードを持った方などに、このリボ払いの泥沼に陥ってしまう方が多いといわれています。取り返しのつかないことになる前に、必要に応じて債務整理を検討しましょう。

任意整理でいくら借金が減るのか? 今すぐ無料診断してみよう

金利で計算するとこんなに損なの?!リボ払いの仕組み

リボ払いについてはこちらのリボ払いの利息は過払い金請求で取り返せる?!の記事でも解説していますが、よく仕組みを知って利用しないと大損する怖い借金の仕組みです。

ここでリボ払いについて簡単に復習しておきましょう。

リボ払い
リボ払いは、借金の金額に関わらずあらかじめ決められた一定額を返済すればいい、という返済の仕組みです。例えば毎月2万円のリボ払いであれば、クレジットカードで10万円の買い物をしても、20万円の買い物をしても、翌月の返済は2万円で済みます。 毎月の支出が一定額なので、上手く使えば家計の管理にも便利ですが、使い方を間違えると返しても返しても借金が減らない「借金地獄」に陥ってしまいます。

 
このリボ払いがなぜ怖いのかというと、毎月の返済額が固定なので「お金を借りて使っている(借金)」という感覚が麻痺してしまいやすいことです。今月、10万円の買い物をしても、15万円の買い物をしても、来月の返済額は同じです。

しかし借入残高はショッピング枠を使えば使うほど増えて積み上がっていきます。そして毎月の返済額が一定なので、返済期間だけがどんどん長くなっていきます。

リボ払いはとんでもない高金利を支払わされている?!

さらにリボ払いの最大の恐怖は「金利」です。リボ払いで返済期間が長くなればなるほど、気付かないうちに金利負担はどんどん重くのしかかってきます。

例えば以下は、クレジットカードのショッピングで30万円を使った場合の金利シミュレーションです。

  • 5回の分割払いで返済した場合
  • 月額2万円のリボ払いで返済した場合

 
それぞれの金利負担を、年利15%の金利で比較してみると以下のようになります。

返済回数 分割払い リボ払い
借金残高 金利 借金残高 金利
1回目 30万円 3750円 28万円 3500円
2回目 25万円 3125円 26万円 3250円
3回目 20万円 2500円 24万円 3000円
4回目 15万円 1875円 22万円 2750円
5回目 10万円 1250円 20万円 2500円
6回目 5万円 625円 18万円 2250円
7回目 0 0 16万円 2000円
8回目 0 0 14万円 1750円
9回目 0 0 12万円 1500円
10回目 0 0 10万円 1250円
11回目 0 0 8万円 1000円
12回目 0 0 6万円 750円
13回目 0 0 4万円 500円
14回目 0 0 2万円 250円
合計 30万円 13125円 30万円 26250円

 
30万円の借金一度でも、倍近い金利が付いてしまいます。リボの返済を続けながら、それを上回るペースでショッピングで消費しているとあっという間にとんでもない利息額になってしまうことが想像できるのではないかと思います。

毎月2万円のリボ払いのうち1万5000円が利息に?!

少し極端な例かもしれませんが、毎月7万円をクレジットカードのショッピングで使い、リボ払いで毎月2万円(金利15%)を支払い続ける、という生活を2年間(24カ月)続けたとしましょう。この場合、恐ろしいことに2年後には毎月の返済額2万円のうち、1万5000円は金利で消えてしまうことになります。

返済回数 借入残高 金利分 リボ払い
1回目 70,000円 875円 20,000円
2回目 120875円 1511円 20,000円
3回目 172386円 2155円 20,000円
4回目 224541円 2807円 20,000円
5回目 277348円 3467円 20,000円
6回目 330814円 4135円 20,000円
7回目 384950円 4812円 20,000円
8回目 439761円 5497円 20,000円
9回目 495258円 6191円 20,000円
10回目 551449円 6893円 20,000円
11回目 608342円 7604円 20,000円
12回目 665947円 8324円 20,000円
13回目 724271円 9053円 20,000円
14回目 783324円 9762円 20,000円
15回目 843116円 10539円 20,000円
16回目 903655円 11296円 20,000円
17回目 964950円 12062円 20,000円
18回目 1027012円 12838円 20,000円
19回目 1089850円 13623円 20,000円
20回目 1153473円 14418円 20,000円
21回目 1217892円 15224円 20,000円

 
わかりますでしょうか? 毎月支払っている額は同じ2万円のままなので借金が増えている気がしませんが、金利は1カ月目には800円だったのが、21カ月目には15000円以上にまで膨らんでしまっています。 月々支払いの2万円のうち1万5000円が利息に消えているわけですから、これでは借金が減るわけがありません

上記のような例は現実におこっている

毎月2万円支払いながら、毎月7万円のショッピング枠を2年間、使い続ける人はあまりいないかもしれませんが、ときどき数十万円単位の買い物をしたり、あるいは複数のクレジットカードのリボ払いを利用するようなケースでも同じような状態になりえます。

繰り返しになりますが、リボ払いの怖いところは高金利にも関わらず、目の前の返済額が小さいので危機感が薄くなること、借金をしているという意識が低くなること、にあります。使い方を間違えると誰でも上記の例のように、毎月利息しか払っていないような状態に陥り、借金元本がほとんど減らない状態になりうる、という認識を持っておくべきでしょう。

リボ払いの借金は任意整理で解決できるのか?!

さてこのリボ払いで出来てしまった借金は任意整理で解決できるのでしょうか? 結論からいうと任意整理は可能です。ただし以下の2つのポイントをしっかりと理解しておく必要があります。

  • 借金元本そのものは減らない可能性が高い
  • 将来の利息が免除されるという利点がある

 
以下、1つずつ確認してみましょう。

借金そのものが減ることは期待できない

まず1つ目のポイントとしては、借金元本そのものが任意整理で減ることは期待できない、ということです。任意整理では、弁護士や専門家が「利息制限法に基づく引き直し計算」をおこない、利息制限法に基づく正確な債権額を確定させます。

利息制限法に基づく引き直し計算
消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能などでは、過去には利息制限法の上限利息20%を超える高金利での返済をしていた可能性があります。利息制限法の上限金利を超える利息は法律上無効ですので、もし払い過ぎた利息がある場合には、それを借金の残高に充当して計算します。例えば20万円の過払い利息があれば、その分、20万円借金が減る、ということです。

 
このように利息引き直し計算によって借金が減る可能性がある、というのが1つの任意整理のメリットではあるのですが、残念ながらショッピングの場合には期待できません。クレジットカードのショッピング金利は昔から15%前後というのが相場であり、たしかに高金利ではあるものの利息制限法の違反ではありません。

将来利息をカットできるのは大きなメリット

しかし任意整理をするメリットがないわけではありません。なぜなら任意整理なら、借金の将来利息を原則、カット(免除)することができるからです。この凄いメリットはリボ払いの仕組みについて理解してくださっている方ならよくわかるはずです。

将来利息のカット
東京弁護士会や司法書士会の「任意整理の統一基準」でも示されているように、任意整理では原則として将来利息をカットする方向で金融業者と交渉することは常識(慣習)となっています。リボ払いの一番深刻な問題は、高い金利負担ですので、この将来利息が免除されるといのは、リボ払いによる借金問題に悩んでいる方には非常に強いメリットです。

 
例えば上記の例を思い出してください。毎月2万円のリボ払いで、毎月7万円のショッピングを21カ月続けた場合、借金総額は120万円にまで膨らんでしまいます。毎月2万円の支払いは継続していますが、そのうち1万5000円は利息です。

つまり、ここから先はショッピングを一切せずに返済だけに専念したとしても、借金元本は月5000円ずつしか減りませんので、借金全額を完済するのに240カ月(20年)かかってしまいます。目眩のするような年月ですね。

もし将来利息が免除されたら・・・?!

もし将来利息が免除されたとしたら、月1万5000円の利息負担もなくなります。この場合、月2万円の支払いを継続していれば60か月、つまり5年間で返済できる計算になります。先ほどの20年に比べれば、なんと4分の1の期間で返済できることになります。

もちろんもう少し返済資源に余裕があり、月3万円支払いができるのであれば、全部で40カ月(約3年半)で完済することができます。このように、任意整理で例え過払い利息が発生していなかったとしても、将来利息をカットして元本を分割返済する、というだけでも任意整理を検討する価値は十分にあります。

 

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る