任意整理後にフラット35の住宅ローン審査は通る?!

フラット35は住宅金融支援機構が、民間の金融機関とともに提供している住宅ローンです。最長35年間の長期固定金利の住宅ローンで、2%台の超低金利、最高8000万円まで借入可能で、保証人や保証料も不要というさまざまなメリットがあります。

このフラット35の住宅ローンを任意整理後に申し込むことはできるのでしょうか?

原則、任意整理後の5年間は無理!でも例外はある・・?!

原則として、こちらの記事でも解説しているように、任意整理後の5年間は新規で住宅ローンなどを組むことができません。これは個人信用情報機関(通称:個信)に任意整理をおこなったことによる「事故情報」が登録されてしまうからです。

復習:任意整理後の5年間はフラット35審査が厳しい理由

復習になりますが、債務者が任意整理をすると、その情報は相手方の金融業者により、個人信用情報機関(以下:個信)という団体に5年間のあいだ登録されてしまいます。 個信というのは、全ての金融機関や貸金業者、信販会社などが加盟してユーザーの信用情報を交換する信用情報ネットワークのようなものです。

個信
個人信用情報機関の通称で、一般的には認定団体である株式会社CIC、JICC、そして全国銀行協会のKSCの3つの団体のいずれかを指します。フラット35の融資元である住宅金融支援機構は、このうちJICCとKSCに加盟していますので、これらの個信に登録されている任意整理情報は、融資の審査時に照会することができます。

 
フラット35の融資実行時には、住宅金融支援機構はこの個信の情報を確認し、住宅ローン融資を実行しても問題がないかを確認します。(これはサインした委任状にも記載されていたはずです)。

住宅金融支援機構が加盟している個信についてはこちらの公式ページで確認が可能です。つまり、任意整理をしてから5年以内にフラット35を申し込むと、住宅金融支援機構に任意整理の事実がバレてしまうため、審査に落ちる可能性が高くなります。

例外として任意整理後にフラット35が借りれたケース?!

原則、任意整理後から5年以内はフラット35などの住宅ローン審査は無理、というのが常識です。しかしマンションコミュニティというサイトの「フラット35の審査期間、皆さんはどのくらいかかりましたか?」というスレッドで面白い書き込みを見つけました。

マンションコミュニティへの興味深い書き込み
フラット35審査に関する書き込み

10月7日にHMに書類提出して、翌日にはみずほ銀行に提出されたそうだが未だ何の連絡もなし。 本日、別件でHMの担当者に連絡したときは、銀行からの回答は10月20日以降になりそうと言われた。 これは20日を目処に結論が出そうなのか、20日ごろから着手するのか、曖昧な返事でモヤモヤしてます。

4年前に任意整理して2年前に完済。ネット見てると整理後に地銀で通ったという書き込みが見られたので、あわよくばと思い地銀2行に事前申し込むも余裕の否決。借入比率は25%で上場勤務だから個信さえクリアできれば通る見込みがあると思うが、高い高いハードルを越えられるかどうか。。。 また進展あったら報告します。

出典:http://m.e-mansion.co.jp/thread/320984/res/337-362/

 

この書き込みのケースでは、任意整理後から5年を経過しない、いわゆる「喪明け前」の状態です。しかも当然ながら、地銀などの銀行の融資は断られているようです。

その後の書き込みで、個信への情報開示を行ったところ、JICCにはやはりバッチリ任意整理の情報が登録されていたようです。ポイントをまとめると以下のようになります。

今回のケースのポイント
  • 借入比率が25%と十分に低い
  • 上場企業に勤務している
  • JICCにはまだ整理情報が登録されている(喪明け前)
  • 地銀などの融資審査には落ちている

 
教科書的なことでいえば、フラット35の融資審査が通る可能性は低く、実際にその後の書き込みでも「喪明け前の期間は難しいだろう」「任意整理の情報がJICCに残ってるなら確実にアウト」といった意見が多く見られました。

しかし、2週間後に無事、フラット35の融資が承認になったという書き込みがされたのです。

JICCに任意整理情報が残っているのに承認された
先日の書き込みから12日後の投稿

337の者ですが、本日HMより連絡があり、フラット35承認になりました。融資申込からたった1ヶ月、しかもダメで元々で申し込んだにも関わらず、待っている間は生きた心地がしませんでした。今はとてもほっとしています。

任意整理された方も諦めず、返済比率さえクリアしていれば通る可能性がありますのでチャレンジしてみては如何でしょうか。 融資実行まで油断せず、堅実に生活していきます。

出典:http://m.e-mansion.co.jp/thread/320984/res/337-362/

 
このことからわかるのは、原則としてあまり期待はできないものの、個別の融資案件ごとにある程度、柔軟に判断されている可能性はある、ということでしょう。

今回のように借入比率が低く、上場企業勤務で支払い能力も高い、尚且つ任意整理から既に4年が経過してあと1年で喪明け、という状況では、金融機関によっては住宅ローンの審査を通すところもある、ということなのかもしれません。

 

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る