任意整理後に生命保険に加入することはできる?

任意整理後に生命保険に加入することはできるの?という質問をいただくことがありますが、全く問題ありません。生命保険に加入する際に信用情報機関を参照されることもありません。

任意整理後の生命保険加入について
ねえねえ、先生ー!
任意整理をした後で生命保険に加入することは問題ないのかなー?!
全く問題ないね。生命保険の加入の際に、信用情報(ブラックリスト)を参照されることを心配されてるのかもしれないけど、生命保険は借金ではないから信用情報を参照することはないね。
へえー、そうなんだー。
じゃあ例えば生命保険の支払いを滞納したりしても、信用情報機関に延滞が登録されたりすることもないのー?!
ないね、生命保険の支払いを滞納したら単に生命保険が失効するだけだから、消費者金融やクレジットカード返済の滞納のように異動情報が登録されるようなことはないんだ。

 
任意整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されてしまう(いわゆるブラックリスト登録)ため、最低5年間は新規でクレジットカードを作成したり、住宅ローンの審査を通すことができません。では生命保険はどうなのでしょうか。

生命保険はブラックリスト登録とは関係ない

上記の話と混同してか、任意整理後は生命保険の審査も通らないと誤解されている方が多いです。しかし生命保険の加入は、借金のような与信取引とは違いますので、過去の与信情報が参照されることはありません。

生命保険の加入審査に任意整理は影響しない

生命保険は、毎月保険料を支払わなければいけないため、クレジットカードや消費者金融への返済、住宅ローンの支払いなどと同列に考えてしまいそうになりますが、生命保険は借金ではありません。

生命保険は支払を滞納しても”失効”するだけ

支払いを滞納したとしても生命保険会社は被害や損失を受けません。保険を失効にすれば良いだけだからです。そのため生命保険会社は、加入者の与信情報や信用情報について気にする必要があまりありません。

生命保険の支払遅延
生命保険の支払いは2カ月以上延滞すると、解約返戻金(責任準備金)から自動振替されるか、自動振替するだけの額がない場合には失効となります。失効となった後でも、3年以内であれば失効期間中の保険料を後から追納することで元の状態に復活できます。

 
そのため、生命保険の支払いを延滞したとしてもその情報が信用情報機関に登録されるようなことはありませんし、逆に任意整理をして信用情報に傷がついたとしても、生命保険の加入には影響はありません

でも生命保険会社がCICに加盟してるけど?!

しかし、鋭い方は大手生命保険会社が、CICなどの信用情報機関に加盟していることに気付く方もいると思います。例えば、日本生命や第一生命などはCICに加盟しています。

株式会社CIC
CICは割賦販売法や貸金業法に基づく信用情報機関で、クレジットカード会社(信販会社)やキャッシング、消費者金融の会社などの多くが加盟しています。(公式ホームページ

 
生命保険が本当に信用情報は与信判断を必要としないのなら、なぜCICに加盟しているのでしょうか? やはり任意整理がバレてしまう可能性はあるのでしょうか?

生命保険会社は、保険以外の金融サービスも持っている

結論からいいますと、生命保険の会社がCICに加盟しているのは、保険以外の別の金融サービスを持っているからです。例えば、先ほどの日本生命は住宅ローンも提供しています。(「日本生命の住宅ローン」)

同様に第一生命は、第一生命カードサービスと言う株式会社を系列会社に持ち、融資や信用保証、クレジットカード発行などの業務をおこなっています。これらの業務のためにCICの信用情報を参照しているに過ぎず、生命保険の加入には関係がありません。

信用情報の利用目的は”返済能力の調査”のみ

割賦販売法や貸金業法においても、「信用情報を返済能力・返済能力等調査以外の目的に使用し、若しくは第三者に提供をしてはならない」と規定されています。生命保険の支払いは返済ではありませんので、このような用途で信用情報を照会することはできません。

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る