任意整理は専業主婦でも夫に内緒でできる?!

任意整理は、収入のない専業主婦の方でもできるのでしょうか? またその場合、夫や家族に隠して任意整理をすることはできるのでしょうか? 専業主婦で多額の借金を抱えて任意整理を検討している方にとっては、非常に気になる点だと思うので解説してみます。

専業主婦でも任意整理はできる?
ねえねえ、先生ー!
専業主婦の方でも、収入がなくても任意整理をすることはできるのかなー?!
任意整理では、過払利息や遅延損害金、将来利息などの利息を免除して貰って、残りの借金を3-5年の分割払いで返済する手続きだったよね。 だから返済は必要なんだ。だけど、専業主婦で収入がなくても家計の範囲で返済をやり繰りできるなら問題ないよ。
なるほどー! 簡単にいうと、夫の給与のなかから返済していけるなら問題ないってことだねー!(笑)
じゃあ任意整理を夫に内緒ですることはできるのー?
任義的に良いか悪いかは別として、夫に内緒で任意整理をすること自体はできるし、それを希望する方も多いね。 任意整理の場合は、特に裁判所や債権者から郵送物が届くこともないし、必要な準備書類もないからね。

 
専業主婦で借金が膨らんで返済できなくなった方のなかには、夫に内緒で任意整理ができないかを悩んでいる方も多いです。

もちろん他人の立場からすれば、「キチンと夫に相談して債務整理をすべきだよ!」というのが正論ですが、専業主婦という自身に収入のない立場の方からすると、離婚などに発展することを想像すると、相談しづらいケースが多いのもまた事実です。

任意整理でいくら借金が減るのか? 今すぐ無料診断してみよう

専業主婦の借金の約4割について、夫は知らない?!

専業主婦が借金をする多くの理由は、生活費の困窮で、次いでブランド品や装飾品のショッピングによる浪費、パチンコやFXといった投機的な浪費、となっていますが、なんとそのうち4割近くのケースでは、夫が妻の借金の存在についてそもそも認知していないというデータがあります。

こちらは少し古いデータになりますが、2009年に日本貸金業会がおこなった「完全施行に向けた対応状況等に関するアンケート調査」の報告(PDFデータ)によると、借金をしている専業主婦のうち約38.0%のケースで夫が借金の存在を認知していなかったことがわかっています。

WS03465
出典:日本貸金業会「完全施行に向けた対応状況等に関するアンケート調査」

そのため、この時期に借金を作ってしまった専業主婦の方のなかには、夫に内緒で任意整理をしなければいけない必要性に迫られている方も少なくないかもしれません。

 

任意整理であれば、必要書類が少ないためバレにくい

別に当サイトは内緒で任意整理をすることを推奨する立場ではありません。夫に相談できるなら相談した方がいいのは間違いないですが、客観的な事実論でいうと、任意整理であれば夫にバレずに手続きを進めることは可能です。理由は以下のようなものです。

  • 任意整理では貸金業者や裁判所からの郵送物は来ない
  • 夫の給与明細や口座預金通帳といった資料が必要ない
  • 共有財産である住宅などの処分や没収がない
  • 住宅の登記簿謄本などの書類準備が必要ない

 
比較の意味でいうと、個人再生(民事再生手続き)や自己破産手続きを夫に内緒で進めることは不可能です。

自己破産などは、夫の給与明細や口座通帳などの書類が必要になります。これらの書類を夫に内緒で準備するのは難しいはずです。またマイホームなどを共有財産として所有している場合は、自己破産で差押えられますのでどうやってもバレます。
一方、任意整理であれば特に準備書類なども必要ないため、夫に隠したまま手続きを進めることは可能です。

郵便物が怖い場合には、郵便局留めにして貰う

任意整理の場合は、弁護士からの受任通知が対象となる各金融業者に送付された段階から、法律上、金融業者は直接、債務者にコンタクトを取ることを禁止されています。すべて弁護士を経由してやり取りしなければいけなくなります。

そのため、郵便物があるとしても全て弁護士経由で届くことになります。予め弁護士の方と相談しておいて、妻の個人名宛の郵便物にして貰うか、すべて郵便局留めで送るようにしておいて貰えば、直接自宅に届いてバレる可能性は低くなります。

ただし、返済期間中にバレる可能性は十分あり

任意整理の手続き自体は、夫にバレずに進めることができたとしても、任意整理の和解後から3年間(最長5年間)、借金元本の返済を分割で続けていく必要があります。

専業主婦の方で、自身に全く収入がなく夫の給与のなかから(家計を誤魔化しつつ)返済していく場合、いずれ不透明な支出として勘付かれる可能性はあるでしょう。最も家計はすべて妻に任せっきりで、夫が家計について無頓着な家庭であれば、月2-3万の返済額であれば気付かないものなのかもしれません。

 

夫名義の家族カードの場合は要注意!

ここまでの専業主婦の任意整理の話は、あくまでも「奥さんがご自身の名義で借金をされていた場合」のケースです。例えば、旦那を契約者とするクレジットカードの家族カードで借金を膨らませてしまった場合などは、夫に内緒で任意整理することは不可能です。

家族カード
夫名義のクレジットカードの追加カードとして、妻や子供などに発行するカードのことです。利用分の支払い請求はすべて、旦那の指定口座からの引き落としになるため、そもそもバレずに借金すること自体、難しいと思いますが。。

 
家族カードによる借金を任意整理するためには、契約者である夫本人が、弁護士事務所に依頼して任意整理をお願いする必要があります。妻が代理で、または内緒で勝手に任意整理をすることはできないため、注意が必要です。

“総量規制”により、専業主婦は夫に内緒での借入はできない?!

なお2010年6月に貸金業法が改正されてからは、専業主婦の借金の取り扱いがかなり変わってきており、以前のように夫に内緒でバンバン借金をすることは今では難しくなっています。 キャッシングに詳しい方なら常識だと思いますが、その一番の理由は「総量規制」という概念が導入されたからです。

総量規制
貸金業法の改正により、消費者金融などの貸金業者は、債務者の年収の3分の1を超える額を貸し付けることができなくなりました。例えば、年収600万円の方であれば、キャッシングで借入できる上限は200万円になった、ということです。これにより、年収のない専業主婦の借金が難しくなりました。

 
もちろん、今でも旦那の同意があれば借入が可能な業者もあります。アコムやアイフルといった大手消費者金融では対応していないところも多いのですが、「配偶者貸付」といって、専業主婦の方に収入がなくても、旦那とあわせた世帯収入の3分の1までなら借入が可能な仕組みがあります。

ただしこの場合は当然、旦那の同意書や収入証明書、婚姻関係を証明する住民票、などの提出が求められることになるため、旦那に内緒でキャッシングするというのは不可能です。

カードローンなら内緒でも借入できる?!

なんとも不思議な話ですが、この総量規制の対象となるのは貸金業者だけであり、今のところ銀行はこの総量規制の対象外となっています。 そのため、銀行が個人向けに貸付をおこなう「カードローン」であれば、総量規制の対象外となり、旦那の同意が得られない専業主婦でも借入が可能なケースがあります。

ただし銀行によっては、収入のない方への貸出をおこなっていない場合もありますので、収入のない専業主婦でも申込が可能な銀行カードローンを探す必要があります。2013年現時点では、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなどは専業主婦でも申込可能ですが、貸出の上限枠は最大30万円までです。

まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る