任意整理をおこなった後にアパート賃貸契約の審査や更新は通る?

任意整理などの債務整理をおこなったときに気になるのが、その後のアパートの契約や更新ができるかどうかですよね。新しく引っ越しができなかったり、今住んでいるアパートの契約更新ができないことがあるのでしょうか?

任意整理後のアパート契約はどうなるの?!
ねーねーっ、先生ーっ!
任意整理をおこなったあと5年以内にマンションやアパートなどの契約や更新ってできるのーっ?!
基本的には影響がないと考えて問題ないだろうね。
多くの方が心配されているのは、債務整理後に事故情報(ブラックリスト)として信用情報機関に登録されるからだと思うんだけど、賃貸契約の審査で信用情報を参照することはできないんだよ。
なるほどーっ!じゃー、基本的には普通の賃貸契約の審査と同じってことだねーっ!
そうだね、ただし保証会社が必要な住宅を賃貸契約する場合には、保証会社が信用情報を参照する可能性がある。その場合は、任意整理から5年間は保証会社の審査が通らない可能性があるね。
  • 任意整理をしていても基本的に入居審査には関係がない
  • ただし家賃の保証会社がカード信販系会社の場合は影響あり
任意整理でいくら借金が減るのか? 今すぐ無料診断してみよう

不動産会社は信用情報機関のブラックリストを照会しない

任意整理をおこなうとその後に賃貸アパート契約の入居審査や現在住んでいるアパートの契約更新に不利になることがあるのでしょうか?結論からいうと基本的にそれはありませんので安心してください。

不動産会社が信用情報を参照することはない

多くの方が心配されているのが、任意整理後に信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録されてしまう、という点ですがこの信用情報機関のデータというのは基本的に、銀行や信販会社・カードローン会社などの金融機関しか参照することができません。つまり、そもそも任意整理をしたことがある、という事実を知ることすらできません。

 

任意整理後に住宅ローンが組めなくなる話と混同?!

任意整理後には少なくとも5年間は住宅ローンなどのローンを組むことができなくなります。これはローンの貸し手である銀行や信販会社などが、信用情報機関の金融事故情報を確認するからですが、この話と混同されてしまって、「任意整理後は新規アパート契約ができなくなる」という間違った認識が広がってしまっている可能性があると思います。

 

ただし任意整理後にアパート賃貸が不利になる場合

アパート家賃の支払いがカード決済の場合は通らない可能性あり

もっともアパート契約や更新について全く問題がないわけではなく、例外として任意整理がアパート契約に関係してくる場合があります。それが家賃の支払いにカード決済が必須の場合です。このケースでは、そもそも家賃の支払いにカードが必要ですが、そのカードの審査が通らないでしょうから契約が難しくなる可能性があります。

保証会社が信用情報を参照する可能性あり

house

こちらの方が可能性としては少し大きいかもしれません。最近では不動産会社の約40%が賃貸契約の際に保証会社を付けることを要求するそうです。家賃の保証会社といっても、色々なタイプがあり、おおきくわけると以下の4タイプにわかれます。

このうち、「信販系保証会社」というのは実態は金融機関です。なのでこの信販系保証会社にあてはまる会社が保証会社になっている物件に関しては、信用情報機関を参照されると任意整理したことがわかってしまう可能性があります。

信販系保証会社
いわゆるカード系の保証会社です。審査にはクレジットカードを所有できることが前提になります。また審査にあたって、CIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA)などの金融機関しか見れない信用情報機関の情報を参照します。

 

信販系保証会社の例

信販系の保証会社の場合には、与信力の判断としてクレジットカードを所有できるかどうかを1つの判断基準にしています。そのため任意整理から5年間が経過しておらず、信用情報期間に異動情報が残っている場合には、賃貸が難しくなります。
 

信販系保証会社の例

  • オリエントコーポレーション(オリコ)
  • エポスカード
  • セディナ
  • セゾン
  • ライフ
  • アプラス
  • ジャックスなど

 

信用情報を参照しない保証会社もあるので大丈夫

ちなみに信販系保証会社以外にも、LICC(全国賃貸保証業協会)加盟の保証会社や、LGO(賃貸保証機構)加盟の保証会社というのもあります。これらの保証会社は、審査にあたって金融機関の事故情報(信用情報機関の情報)を参照することはありませんので、任意整理の経歴が不利に働くということはありません。

 

なるほどねーっ!
結局のところカード会社や金融機関が保証会社などに絡んでこない限りはあまり関係ないってことだねーっ!
そうだね。
不動産会社は、原則的には債務整理などの金融事故情報を照会できない、ということは知っておくといいかもしれないね。
まずは弁護士に無料相談したい方へ。おすすめ法律事務所はこちら

ページの先頭に戻る