任意売却には費用が掛からないって本当?

任意売却には費用が掛からない、という話はよくメリットとして聞かれます。実際のところ、費用が掛からないわけではないのですが、初期費用(手持ち資金からの持ち出し)がないため、そのように言われることが多いです。

任意売却にかかる費用は?
ねえねえ、先生ーっ!
任意売却の手続きにかかる費用ってどのくらいなのーっ?! やっぱり数十万円単位での費用が必要なのかなーっ?
いいや、任意売却を専門業者に依頼したとしても初期費用や相談費用などは必要ないことが多いね。
報酬は住宅の売却価格のなかから一部を仲介手数料として支払うかたちになるから、手持ちのお金がなくても専門業者に依頼ができるんだよ。
へぇーっ、そうなんだー。
なんだか、自己破産や個人再生に数十万円の費用がかかる話を聞いた後だから、持ち出しの費用が一切かからないっていうのは、なんだか驚きだなー。
それは住宅売却の仲介手数料だからだね。住宅の売買は1000万円以上のお金が動くことの多い取引だから、数%の手数料でもかなり大きい金額になるんだ。例えば2000万円で住宅を任意売却すれば、報酬が3%でも60万円だからね。

 
以前までに紹介した「個人再生の弁護士費用相場」や「自己破産の弁護士費用相場」では、相談料や報酬費用として数十万円が掛かるのが当たり前でしたが、任意売却の場合は持ち出しで発生する費用は一切ありません。これも任意売却のメリットの1つです。

住宅ローンの返済が苦しい!なるべくローンを残さず売却したい方へ

任意売却は専門業者に依頼した方が絶対に得!

任意売却は自分で行っても全く問題はないのですが、原則、専門業者に依頼したほうが絶対に得です。なぜなら任意売却を実施するにあたっては、さまざまな複雑な専門知識が総合的に求められるからです。

例えば、

  • 住宅ローンや債権に関する知識
  • 金融業者(債権者)との交渉ノウハウ
  • 不動産取引や住宅売却の専門知識
  • 弁護士などの法律専門家との連帯

などの知識やノウハウが総合的に求められます。そのため、普通の不動産業者で任意売却を請け負っているところは少なく、やはり任意売却に特化した専門性の高い業者への依頼がおすすめになります。

銀行側の紹介する専門業者には依頼しない方がいい

自分で専門業者に依頼しないと交渉面で不利になることも

銀行や保証会社によっては、ローンの返済ができないとわかると、自前の息のかかった専門業者を紹介して任意売却をするよう勧めてくるケースがあります。ただ、銀行側が依頼して用意している業者に依頼して任意売却をすすめるのはあまり得策ではありません

できるだけ高く住宅を売却したい、という利害は、銀行もローン債務者も同じなので問題ありませんが、住宅の引き渡し時期の相談や、引越し費用の工面、残債務の分割返済・減額交渉、などの面で、銀行側の用意した専門業者に依頼していると不利な点が多々あります。

住宅ローンの滞納が何カ月も続いてる!裁判所から競売通知が届いた! そんな方はまず【無料相談】

住宅ローンが支払えずに滞納が続いている方、金融機関からの催告書や、裁判所からの競売開始決定通知に悩んでいる方は、まずは専門家に相談してみてください。

任意売却相談センターでは、簡単な5つの質問に答えるだけで、「住宅に住み続ける方法はないか?」「もし家を売却した場合、住宅ローンはいくら残るか?」が無料で診断できます。

ページの先頭に戻る