任意売却のメリットとデメリットを徹底解説

任意売却は、住宅ローン返済に行き詰まった場合に効果的な手続きです。完全に返済不能に陥った場合、どの道、住宅は競売にかけられて売却処分されることになります。その意味では、任意売却は競売と比較すると遥かにメリットが多いです。

任意売却のメリットとデメリット
ねえねえっ、先生ーっ!
住宅ローンの返済が不能に陥った場合には、自分で住宅を売却する「任意売却」の手続きを取ったほうがいいのはわかったけど、任意売却にデメリットはないのかなーっ?
住宅を売却処分する前提であれば、競売と比較してのデメリットは基本的にないね。
任意売却は専門家への依頼費用の面でも、持ち出しは0円だから資金に困っている方でも簡単にできるしね。
費用の持ち出しが0円ってどういうことなのっ?!
任意売却を専門家に依頼する際、通常、報酬は売却価格のなかの一部(数パーセント)を仲介手数料として支払うかたちになるんだ。
売却代金から報酬が支払われる、というのはローン返済資金に困っていてお金のない人には助かる仕組みだね。

 
任意売却は、競売に比べると非常にメリットの多い仕組みです。別の言い方をすれば、競売にデメリットが多すぎるのかもしれません。(参考:「任意売却とは?」) 任意売却のメリットとデメリットを解説しましょう。

住宅ローンの返済が苦しい!なるべくローンを残さず売却したい方へ

なぜ任意売却がおすすめなの? 任意売却のメリット

住宅ローンの支払いが不可能になってしまうと、現実的には住宅を売却処分して返済資金に充てるしか方法がありません。
つまり、任意売却または競売のどちらかの方法で住宅を売却処分せざるを得ないということです。その場合、競売よりも任意売却の方が遥かにメリットが多くなります。

任意売却のメリット

任意売却には以下のようなメリットがあります。

  • 住宅を市場価格に近い価格で売却できる
  • ローン残債務を減らせる。更に残債務の減額や分割交渉が可能
  • 引越しの時期を柔軟に交渉できる
  • 交渉で債権者から引越し資金を一部受け取ることができる
  • 住宅ローンの破綻が親戚や近所、会社の人にバレる心配がない
  • 手元からの持ち出しの費用は一切かからない
  • 任意売却の期間中は返済の必要もなく、住み続ることも可能

特に「住宅を市場価格に近い価格で売却できる」「手元からの持ち出し費用が一切かからない」「専門家の交渉により引越し費用を貰える場合が多い」などの点が、非常にメリットが大きいのではないでしょうか。

任意売却と競売の違いを比較してみよう

さらにわかりやすいように、競売との違いを比較してみます。競売は裁判所に権限のある強制執行手続きの1つのため、全ての手続きが銀行と裁判所の主導で勧められ、原則、債務者の要望が介在する余地がありません

そのため、債務者にとっては非常に不利な展開に話が進みがちになります。

任意売却で住宅を売る場合

  • 市場価格に近い価格で売却
  • 残債務がより多く減らせる
  • 引越しの時期を相談できる
  • 近所にローン破綻がバレない
  • 交渉により引越し代が一部貰える
  • 残債の支払い交渉が可能
競売で住宅を売る場合

  • 市場価格の7割程度で売却
  • ローン残高がより多く残る
  • 裁判所より強制立ち退き命令
  • 新聞やネットに競売情報が掲載
  • 引越し代等の援助はなし
  • 残債の支払い交渉が困難

このように任意売却と競売を比較してみると、圧倒的に任意売却の方がメリットが多くなります。
そもそも競売は前述のように、債権者の権利を保護するための強制執行手続きであり、債務者側の視点にたった制度ではないので、競売よりも任意売却の方がメリットが大きいのはある意味、至極当然のことだと言えるかもしれません。

任意売却のデメリットは?

任意売却のデメリットは基本的にありません。競売と比較した場合、という意味でいえば基本的にメリットしかなく、間違いなく任意売却で住宅を売った方が得することになります。

敢えてデメリットを挙げるとすると、任意売却の手続きには一定の時間がかかる、という問題があります。つまり、既に裁判所が競売手続きに入っていて、期間入札までの期間が1カ月を切っているような場合だと、現実的にはそこから任意売却を成功させるのは難しくなります。

住宅ローンの滞納が何カ月も続いてる!裁判所から競売通知が届いた! そんな方はまず【無料相談】

住宅ローンが支払えずに滞納が続いている方、金融機関からの催告書や、裁判所からの競売開始決定通知に悩んでいる方は、まずは専門家に相談してみてください。

任意売却相談センターでは、簡単な5つの質問に答えるだけで、「住宅に住み続ける方法はないか?」「もし家を売却した場合、住宅ローンはいくら残るか?」が無料で診断できます。

ページの先頭に戻る