住宅ローン滞納や競売の悩みなら任意売却相談センターへ

この記事は「任意売却相談センター」の無料相談の紹介記事です。
soudan
任意売却相談センター

「住宅ローンをもう既に4カ月以上も滞納している」「競売開始決定通知が届いてパニックになった!」「家に住み続けたいけど、誰に相談していいかわからない」 そんなときに無料で相談できるのが 任意売却相談センター です。

まだ住宅を残せるかどうか? 売るとしたらもし家を売るとしたら住宅ローンはいくら残るか?
5つの質問に答えるだけで、無料診断できます

今すぐ無料診断サービスを試す今すぐ無料診断を試す
※名前は匿名でOKです。メールアドレスと電話番号の入力のみ必須になります。
※5つの質問に回答後、電話による連絡がありますので、連絡のつきやすい時間帯をご選択ください。

まずは専門家に相談して悩みや不安を解消しよう

住宅ローンの滞納が何カ月も続いてしまうと、金融機関から催促が届いたり、裁判所から競売開始決定通知が届きます。この段階になってパニックになったり、精神的に追い込まれてしまい、見たくない郵送物を放置されてしまう方もいますが、時間が経てば経つほど状況は悪化します。

少しでも早い段階であれば、まだ「住宅に住み続ける方法」も僅かながら存在します。また、どうしても住宅を残すのが難しい場合でも、競売ではなく任意売却を選択することで、住宅の売却後のローン残高を大幅に軽減することができます。

大事なのは、少しでも早く信頼できる専門家に相談することです。住宅ローン滞納の問題は、法律、借金、住宅ローン、などさまざまな分野にまたがった専門知識が必要になりますので、素人だけで判断するには限界があります。

任意売却相談センターの特徴
  • なんとか住宅を残す方法、住み続ける方法がないか(個人再生やリースバック等)を徹底的に無料相談できます。
  • 現実的にどうしても住宅を残すことが難しい場合は、少しでも高く売却して住宅ローンがなるべく残らない方法を相談できます
  • 任意売却を依頼する場合は、次の引越しのための転居費用を売買代金から捻出して貰えるケースがあります。競売だと引越し費用は出ません
  • 相談は何度でも無料です。また住宅ローンの滞納の他に、借金問題や離婚トラブルを抱えている場合も、パートナー弁護士に相談できます
  • 名前や住所などの個人情報の記載は不要です。お住まいの都道府県とメールアドレス、電話番号のみの記載で気軽に無料診断が受けられます。

今すぐ無料診断サービスを試す今すぐ無料診断を試す
※名前は匿名でOKです。メールアドレスと電話番号の入力のみ必須になります。
※5つの質問に回答後、電話による連絡がありますので、連絡のつきやすい時間帯をご選択ください。


5つの質問に回答するだけ、とありますが、具体的にはどのような質問に答えるのですか?
任意売却相談センターでは、最初に以下のような5つの質問に回答します。難しい質問はありませんので、気軽に回答してみてください。

質問1

質問2

質問3

質問4

質問5

確認

どのくらいの可能性で住宅を残すことができるんですか?
現実的にいえば、住宅ローンが支払えない状態に陥っている方、競売にかけられそうになっている方が、そのまま住宅に住み続けられる可能性は通常はかなり低いです。他にも借金がある場合は、個人再生で住宅ローンだけを残したり、リースバックで賃貸のかたちで住宅に住み続ける方法もありますが、いずれも条件がありますので利用できる方は限られています。ただ、可能性が全くないわけではないので、専門家の方に相談してみる価値は十分あります。
どうせ住宅を売るしかないなら、別に競売でもいいのでは? 任意売却をする理由は?
競売よりも任意売却にした方が良い理由はいくつかありますが、1番の理由は「売却後に残る住宅ローンの額が全然違う」ということです。「どうせ売らないとダメなら、もうどうでもいい」「競売になってもいい」と思われる方もいるかもしれませんが、住宅の売却後も残りの住宅ローンは免除になるわけではありません。支払い義務は残ります。
一番しんどいのは、持ち家がなくなった後も莫大な住宅ローン債務が残ってしまい、ローンの返済を続けなければならないケースです。競売と任意売却では、売却価格が3割~5割も違いますので、売却後に残る住宅ローン額も大きく変わります。
また他にも任意売却であれば、引越しのための転居費用を売買代金から捻出して貰えるケースがある、という利点もあります。

今すぐ無料診断サービスを試す今すぐ無料診断を試す
※名前は匿名でOKです。メールアドレスと電話番号の入力のみ必須になります。
※5つの質問に回答後、電話による連絡がありますので、連絡のつきやすい時間帯をご選択ください。

ページの先頭に戻る