任意整理や過払い金請求に強いアヴァンス法務事務所とは?

この記事はアヴァンス法務事務所の紹介記事です
アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所

大阪司法書士会所属 第4065号
簡裁訴訟代理関係業務認定 第312005号
代表 認定司法書士:姜 正幸
東京支店:東京都渋谷区代々木2-2-1
大阪本店:大阪市中央区北浜2丁目2-22

全国対応、テレビCMも展開している知名度の高い法務事務所
実績も多数! 任意整理や過払い金請求ならアヴァンスが安心

アヴァンス法務事務所は、過払い金請求や任意整理などの債務整理を得意とする大手の法務事務所です。テレビCMなども展開しているので、名前をご存知の方も多いかもしれません。

全国の問い合わせに対応しており、相談だけなら何度でも無料です。「借金の返済が苦しくなってきた。将来の利息を免除して欲しい」という方や、「過去に過払い金が発生していないか調べて欲しい」という方も、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

アヴァンス法務事務所の特徴は?
  • 過払い請求成功報酬は一律20%、債権者数が1~2件と少ない方でも対応できます。
  • 土日祝日、全国の問い合わせに対応。相談は何度でも無料です。女性の方にも専用の問い合わせ窓口があるので、安心して相談できます。
  • 任意整理をすれば、キャッシングやカードローン等の返済で、将来の利息を免除(カット)したり返済スケジュールの見直しが可能です。
  • 初期費用は0円。任意整理の場合も、債権者(借入先)の数に応じて明瞭に費用が決まります。減額報酬や和解成功報酬などの費用が掛かりません。
アヴァンス法務事務所へのお問い合わせアヴァンス法務事務所に相談

年中無休(土日・祝営業)、全国からのお問い合わせに対応しています。

フリーダイヤルでの問い合わせ   0120-001-790 0120-001-790
女性専用の問い合わせ窓口はこちらから (⇒ 女性専用の公式サイト

過払い金請求には時効があります。過去にキャッシング等をしてた方は早めにご確認ください。

過去に消費者金融やクレジットカードでキャッシングしていた方で、20%を超える高い金利で返済を行っていた場合、過払い金が発生している可能性があります。改正貸金業法が完全施行されたのは2010年なので、少なくともそれ以前に借入をしていた方が過払い金の対象です。

過払い金の図

既に借金を完済している場合、過払い金の消滅時効は完済日から10年なので注意が必要です。例えば、2007年12月に借金を完済した方の場合、2017年12月を過ぎると過払い金が請求できなくなります。(現在まで継続して借入・返済を繰り返している場合は、時効の心配はありません)

過払い金が発生しているかどうかわからない微妙なケースでは、自分で判断せずに専門家に無料相談してみた方がいいと思います。

アヴァンス法務事務所の費用は?
過払い金

・初期費用、着手金 0円
・回収金額の20%
・訴訟で過払い金請求をする場合は、2%を加算

任意整理

・減額報酬、和解成功報酬 0円
・債権者1社ごと50,000円

※アヴァンス法務事務所は減額報酬(減額に成功した金額の10%程度の手数料)が掛からないため、減額幅が大きい方ほどお得です。
※詳しい費用の詳細はアヴァンス法務事務所に直接ご確認ください。

借金がいくら減るのか、過払い金がいくら取り戻せるのか
結局いくら得するのか、調べたい方はまず無料相談
過払い金は誰でも発生しているものなの?
2010年に改正貸金業法が完全施行され、グレーゾーン金利の問題が解消していますので、それ以降に新規で借りた方は原則、過払い金はありません。2010年より前に消費者金融やクレジットカードのキャッシングで20%以上の金利で借入をしていた方であれば、過払い金が発生している可能性はあります。
過去にどこでいくら借りたか覚えていないけど?
どの業者から借りたか名前だけでも覚えていれば、取引履歴の開示請求ができますので明細や領収書を保存していなくても大丈夫です。また業者名すらも全く覚えていない場合でも、信用情報機関で自分の信用情報を確認することで把握できる場合があります。ただ個別の事情によっても異なりますので、まずは無料相談をお勧めします。
任意整理のメリットは何なの?
任意整理を依頼すると、法務事務所が貸金業者(金融機関)と「返済スケジュールの見直し」や「将来利息の免除」について交渉します。消費者金融やクレジットカード(キャッシング)、カードローンなど、比較的、高金利な借金で苦労している場合には、金利負担が減るだけでも月々の支払額がかなり楽になる場合があります。また過払い金があれば、ついでに清算できます。
任意整理と自己破産は何が違うの?
自己破産は裁判所に申請する手続きですが、任意整理は貸金業者との直接の和解交渉です。自己破産をすると、最終的に借金がチャラになりますが、裁判官の面談(審尋)があったり、依頼費用や裁判所への予納金が高額だったり、手続きにも多くの手間や時間がかかるため、精神的な負担や披露も相当です。そのため一般的には、まず「任意整理で何とかなるか?」を検討し、それで無理そうなら自己破産を検討します。
アヴァンス法務事務所へのお問い合わせアヴァンス法務事務所に相談

年中無休(土日・祝営業)、全国からのお問い合わせに対応しています。

フリーダイヤルでの問い合わせ   0120-001-790 0120-001-790
女性専用の問い合わせ窓口はこちらから (⇒ 女性専用の公式サイト

ページの先頭に戻る