過払い金の計算方法と計算ソフト(Excel)を紹介

過払い金の計算方法は、利息の引き直し計算でおこないます。約定利息(契約上の利息)を、法定利息(利息制限法の上限利息)で再計算することで過払い額がわかります。

過払い金の計算方法ってどうやるの?
ねえねえーっ、先生ーっ!
過払い金が発生しているかどうかを自分で計算してみたいんだけどっ、どうやって計算すればいいのーっ?!
過払い金の計算については、いくつか計算ツールやソフトがネットで公開されているからそれを使うのがいいかもしれないね。基本的に計算方法は利息引き直し計算のときと変わらないから、それらのフリーソフトを使うといい。
なるほどーっ、そっか。
でも何度も借金を借り換えしていたり、返済と同時に借入を繰り返したりしていると、計算は凄く複雑になりそうだねー。
そうだね、そういう場合はまず業者に取引履歴をすべて開示請求する必要もあるし、基本的には専門家に依頼するのが確実だろうね。引き直し計算だけであれば無料でやってくれる弁護士事務所も最近はあるからね。
  • 過払い金の計算は任意整理の利息引き直し計算と同じ
  • 過払い金の計算ツールはネット上でも複数公開されている

 
【関連】 過払い金の無料相談ができる法務事務所アヴァンスとは?

過払い金ってどう計算するの?! 過払い金の計算方法とは

過払い金の計算方法は以前、任意整理のときにも紹介した利息の引き直し計算と原則的には同じです。つまり、取引開始時点まで遡って、本来払うべき利息制限法上の利息(上限20%)で再計算し、払いすぎた差額(過払い金)を計算する作業になります。

過払い金の計算方法の図

現在まだ返済中であれば、計算した過払い金を借金残高の返済にあて、それでもまだ残った分があれば過払い金として返還請求できます。既に完済している場合であれば、計算した過払い金がそのまま返還請求できます。

たまに誤解されることがありますが、違法金利の利息(例:29.2%)と利息制限法の合法金利(例:18%)の金利差をとって払い過ぎた利息分を計算するわけではありません。利息制限法の法定金利18%で支払った場合の計算書と、実際に業者に支払った弁済金額とを比較するだけです。

つまり、業者からいくらの金利で借入を行っていたかはわかっていなくても、実際に支払った弁済額さえわかっていれば過払い金は計算できます。25.2%、29.2%、など複数の金利で借入を行っていても関係ありません。利息引き直し計算の際にするべきことは、取引履歴書に基づいて淡々と自分の借入額と弁済額、日付けを入力することだけです。

 
過払い金計算シートの例

 

計算には過去の取引履歴が必要

この過払い金計算をおこなうにあたっては、過去の支払い明細や取引履歴書が必要になってきます。取引履歴書とは、○月○日にいくら借入を行って、○月○日にいくら返済をおこなったのか、ということを正確に記した明細書のことで、裁判をする場合には証拠書類ともなる重要な書類です。

過払い金返計算をするには、この取引履歴書に基づき数字を記入していくため、取引履歴書は必須になります。もっとも貸金業者には債務者に応じられればこの取引履歴書を開示する義務がありますので、取引履歴の開示請求はそれほど難しくはありません。詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

過払い金の定番の計算ソフトにはどのようなものがあるの?!

過払い金の計算ソフトには、いくつかの定番ソフトがあります。例えば、名古屋式とよばれる名古屋消費者信用問題研究会が配布するソフトや、外山式と呼ばれる外山敦之事務所(司法書士法人)が配布するソフトなどが業界では有名です。

過払い金の金額を超ザックリと把握できる計算ソフト

まずは過払い金の金額を、超ざっくりと把握したい方のために過払い金チェックソフトを紹介します。これらはWEBツールですが、いずれも借入金や利率、契約期間等の入力だけで簡単におおよその過払い金額を計算できます。

 

過払い金チェッカー

WS03290

非常にシンプルで使いやすい過払い金計算ツールです。借入金と残高、金利、契約期間を記入するだけの簡単な手順で、大体どのくらいの過払いが発生しているかがわかります。

button2

 

 

過払い金計算機

WS03291

弁護士法人ベリーベストが提供している無料の過払い金計算機です。こちらも借入金額と借入期間を入力するだけの超シンプル計算なので、簡易計算や目安計算にはいいと思います。

button2

 

 
ただし注意が必要なのは、以下では正確な過払い金を把握することはできません。あくまで目安・参考としてざっくりと金額を把握できるだけです。「まずは自分に過払い金が発生しているか知りたい」というレベルの方におすすめです。

もう少し正確に取引履歴書とエクセルを使って利息の引き直し計算を行いたい、という場合には以下の計算ソフトなどが有名です。

 

Excel計算ソフトを使った正確な過払い金の計算ソフト

冒頭でも簡単に紹介した「外山式」や「名古屋式」といった過払い金の計算ソフトを紹介します。これらのソフトと取引履歴書があれば、初心者や素人でもある程度の正確な過払い金の金額を計算することができます。
 

「外山式」過払い金の計算ソフト

外山式

業界では外山式といわれる過払い金の計算ソフトです。正確な利息引き直し計算や過払利息の計算が可能で、法律の実務家も使われているようです。Excel2007以降対応。

button2

 

 

「名古屋式」過払い金の計算ソフト

名古屋消費者信用問題研究会

名古屋式といわれる名古屋消費者信用問題研究会が無料配布する過払い金計算シート。こちらもExcelが必要ですが、取引履歴書に従って淡々と弁済額と借入額を入力するだけで、正確な過払い金を算定できます。

button2

 

 
他にも以前紹介したこちらの記事「利息制限法に基づく引き直し計算用のフリーソフト」でもいくつかお勧めの利息引き直し計算ソフトを紹介しています。あわせて参考にしてみてください。

また「名古屋式」を使った実際の過払い金の計算方法はこちらの記事でも詳しく解説しています。もしご自身で名古屋式での過払い金計算をされる場合には参考になるかと思います。

弁護士事務所に計算を依頼するのもアリ

最近では法律相談事務所や弁護士事務所でも、利息の引き直し計算・過払い計算だけは無料でやってくれるところが増えてきています。

過払い金を概算で計算して、その後、実際に過払い金返還請求をすることが明らかになったら、着手金・成功報酬金などを後から支払う、という契約の事務所も増えてきているので、専門家に頼んで過払い金計算をやってもらうのもいいかもしれません。

 

ページの先頭に戻る