リボ払いの利息は過払い金請求で取り返せる?!

リボ払い(リボルビング払い)は借金の返済方式の1つで、それぞれの借入や決済について返済回数を決めるのではなく、借入金の総額に対して毎月一定額を上限とした金額を返済する方法です。
消費者金融やクレジットカードでの借入の返済方法として広く一般的に用いられていますが、いくら借金をしても月々の返済額は少額で済むことから使い方を間違うと借金地獄にのめり込む可能性がある怖い返済方式です。

またリボ払いによる借金も、過去に利息制限法の上限金利20%に違反する高い利息で返済を行っていた場合には、過払い金が発生している可能性があります。

リボルビング払いの利息の過払い金請求について
ねえねえ、先生ー!
毎月1万円~2万円の少額の金額を一定額返済し続ける、いわゆるリボ払いで借金を行っていた場合でも過払い金が発生している可能性ってあるのかなー?!
そうだね、最近借りたばかりだとまずないだろうけど、2008年以前にリボ払いで消費者金融やクレジットカードでキャッシングをしていた人は過払い金が発生している可能性が十分にあり得るね。 つまり貸金業法改正前に20%を超える金利のリボ払いで返済していた方だね。
ふーん、リボ払いっていうとクレジットカードのショッピングの返済もリボで、たしか利息が付いていたように思うんだけど、ショッピングで過払い金が発生している可能性はないのかなー?!
いや、ないね。ショッピングリボはたしかに似ているけど、あれは法律上は利息ではなく手数料なんだ。利息制限法上で定める”利息”は、金銭消費貸借契約に基づいてお金を借りた場合に適用されるもので、ショッピングのような割賦販売や立替払いには適用されないんだね。
  • リボ払いでの借金は借入時期が2008年以前なら過払いの可能性がある
  • 消費者金融やクレジットカードのキャッシングが過払い金の対象
  • ショッピングリボは実質年率20%を超えていても過払い金請求の対象外

 
前半はリボ払いの仕組みや落とし穴、リボ払いの怖さについて説明しています。過払い金の部分のみ読みたい方は、前半を飛ばして、こちらの後半部分から読み進めてください。

【関連】 過払い金の無料相談ができる法務事務所アヴァンスとは?

借金地獄?! 知らないと怖いリボ払いの仕組みとは!

リボルビング払いは利用の件数や金額に関わらず、毎月一定額を上限に返済すればそれ以上は来月以降に繰り越せるという非常に便利な仕組みです。

毎月の借入金や買い物額に変動があったとしても、一気に大きな金額がお財布から出ていくことがないため、月々の家計管理がしやすく、正しい使い方をすれば庶民の味方の返済方法のように思えます。しかし実際には、リボ払いによる借金地獄や生活破綻のケースは後を絶ちません。

いくら返済しても借金が減らないリボ払いの恐怖とは?!

リボ払いで借金地獄にのめりこんでしまう理由として、以下の2点が本質として非常に重要だと考えています。

(1)いくら借金や買い物をしても、来月以降の返済額が大きく変わらないことの安心感や油断
(2)返済が長期化することで利息の負担がどんどん重くなり、返済金額の多くが利息に充当されて元本が減らない

まず1つ目はショッピングリボで最近、特に多くみられる傾向があるケースです。分割払いの場合、例えば3回払いと決めていれば、3カ月後には確実に支払いが完了します。たくさん商品を買い過ぎた月があれば、その負担は3カ月以内にしわ寄せがきます。

一方でリボ払いの場合、家計収支に無理のある買い物をしたとしても、そのしわ寄せがすぐに来ることはありません。衝動買いでブランド品を買い過ぎたとしても、来月も再来月も財布から出ていく金額は一定です。せいぜい1~2万円増えるだけでしょう。

つまり、無意識に生活レベルを上げてしまい、可処分所得が上がったと錯覚してしまいやすいのです。以下の図をご覧ください。

リボ払いの怖さ-クレジットカードショッピングの分割払いとリボ払いの比較図

上の図は、2月~5月にかけて毎月、3万円、6万円、1万2000円、3万円をクレジットカードのショッピング枠で消費したケースです。

すべて3回の分割払いで決済した場合、図のように4月~6月にかけて支払い額が3万円を超え、少し返済がしんどくなりますが、7月には返済が1万円に戻り、9月には残債務が0円になります。
一方で、毎月1万円のリボ払いの場合、同じ9月時点では残額が72,000円にまで積み上がってしまっています。この生活と支払いペースを続けていると、あっという間に残額は10万円を超え、20万円を超えるかもしれません。

月々の返済にしてみると、せいぜい1~2万円の差しかないにも関わらず、半年後には10万円近い借金の差になってしまいます。このように、使い過ぎてもすぐに支払い負担がのしかかって来ないことによる油断、錯覚がリボ払いが怖い一番の理由だと思います。

もちろん、しっかり残債務を把握して、家計に余裕があるときは積極的に繰り上げ返済するような賢い使い方ができる方は、リボ払いを極度に怖がる必要はありません。しかし、普段からクレジットカードの残債務がいくらなのかをあまり確認していないような方がリボ払いで決済することは非常に危険です。

ショッピングリボでは手数料負担が重くなってしまう

上記は、ショッピングリボのケースを例にあげました。ショッピングリボでは、利用残高に応じて実質年率10~15%の手数料金利が付きます。この手数料金利も、リボ払いの支払い負担が重くなる理由の1つです。
リボ払いで支払い期間が長くなると、それに応じて手数料(金利)を支払う回数も多くなり、それだけ余分な支払い負担が発生してしまいます。

逆にいうと、リボ払いはクレジットカード会社が非常に儲かる支払い方法です。そのため、カード会社は「後からリボ」などような、分割決済を後からリボ払いに切り替えられるプランを積極的に薦めたり、カード管理画面でボタン1つでリボ払いに変更できるよう工夫を凝らしています。
キャッシングリボでは利息負担に注意が必要

キャッシング(買い物ではなく、現金を借りる機能)では、リボ払いはもっと注意が必要です。1つには、キャッシングリボの金利は通常、ショッピングリボより高いことがあります(実質年率15~20%)。

2008年以前までは、消費者金融、クレジットカード会社各社は、キャッシングで最大29.2%もの高金利を取っていましたので利息負担はさらに巨大なものでした(当時、20%を超える金利で返済していた方は、後述のように過払い金が発生している可能性があります)。

そして、キャッシングリボが、ショッピングリボと違うもう1つの大きなポイントがあります。それは、キャッシングの場合は利息が元本に組み入れられるという点です。

ショッピングの場合、手数料はあくまで手数料であり、元本の返済とは別に上乗せで請求されるのが普通です。しかしキャッシングリボの場合は、利息も元本に組み入れられ、そこから毎月一定額を返済していくことになりますので、返済額の大半が利息に充当されてなかなか元本が減らない、ということがあり得るのです。

例えば、以下がキャッシングリボで多い返済方式の1つ「元利均等返済方式」です。

キャッシングリボの代表的な返済方式-元利均等返済方式の説明

元利均等返済方式については、こちらの記事でも解説していますが、毎月指定した一定額を返済していく方式のことです。元利定額返済方式という場合もあります。

毎月一定額を返済すればいいので、家計管理が非常に簡単なのですが、最初のうちは返済額のうち利息が占める割合が多くなるため、結果として元本の減りが遅くなり、よりたくさんの利息を支払うことになってしまいます。

返済回数 返済額 元金 利息額
1回目 30,000 20,000 10,000
2回目 30,000 21,000 9,000
3回目 30,000 22,000 8,000
4回目 30,000 23,000 7,000
5回目 30,000 24,000 6,000

 
上記は毎月の返済金額が3万円の場合の、元利定額返済方式の例です。このように、最初のうちほど元本の返済に充てられる額が少ないため、なかなか借金残高が減らずに返済回数が嵩んでしまいます。

元利均等返済の公式
毎月の返済額=借入金額×利率×(1+利率)^返済回数 / (1+利率)^返済回数―1

さらにキャッシングリボでは、キャッシングの利用残高に応じて毎月の返済額をスライドさせていく「残高スライド元利定額返済方式」という方式を採用しているところも多いです。

具体的には、エポスカードのキャッシングリボや、三井住友VISAカードのキャッシングリボ、などがそうですが、キャッシング残高に応じて返済額をスライドさせていきつつ、元利均等返済方式での返済をおこないます。

ご利用残高 毎月の返済額
~5万円 5,000円
~10万円 8,000円
~15万円 10,000円
~20万円 15,000円
~50万円 17,000円

出典:エポスカードのキャッシングリボ「残高スライド元利定額プラン」

これにより、キャッシングの利用残高がどんどん増えるにつれて、元利定額返済方式での支払い回数もどんどん長く伸びていき、結果、どんどん利息負担が膨らんでなかなか借金元本が減らない、という悪循環に陥ってしまいやすくなります。

毎月せっせと利息を返済するだけで、なかなか借金の元本そのものが減らない状態・・・、これがキャッシングリボの最も危険で怖い状態だといえると思います。

※他にもキャッシングリボの種類には、元金定額返済方式や、元利定率返済方式、元金定率返済方式などがありますがここでは話がややこしくなるので詳しく解説しません。興味がある方は調べてみてください。

【関連】 過払い金請求の弁護士費用の相場はどのくらい?

リボ払いで利息に過払い金が発生している可能性はあるの?!

リボ払いは前述のように、非常に利息や手数料負担が重くのしかかる返済方式です。それでは、これらのリボ払いの利息に過払い金が発生している可能性はあるのでしょうか?

ショッピングリボに過払い金はなし!キャッシングリボは可能性あり

まず大前提を復習しておきましょう。クレジットカードの機能には、(1)キャッシングと(2)ショッピングの2つの機能があります。ショッピングは、買い物などでクレジットカードを使って代金を立て替える機能のことで、キャッシングは直接、ATMなどで現金を引き出して借金する機能のことです。

前述のように、ショッピングリボにも手数料金利はありますが、こちらは例え20%を超えていたとしても、利息制限法の適用外なので過払い金が発生することはありません

一方で、キャッシングリボは、もし20%を超える利息を過去に取られていたとしたら、そちらは利息制限法に違反する無効な金利ですので、過払い金返還請求で取り戻すことができます。

(1)ショッピングリボ
・・・ ショッピングでのクレジットカード利用は法律上は「立替金」であるため、割賦販売法などの法律の対象であり、金銭消費貸借ではないため、利息制限法の対象ではありません。そのため、例え20%を超える「金利手数料」を取られていたとしても、過払い金請求はできません。

(2)キャッシングリボ
・・・ クレジットカードで、基本契約(金銭消費貸借契約)に基づいて現金を借り入れる「キャッシング」は、利息制限法の対象となるため、このキャッシングリボに対して上限金利20%を超える利息を取られていたとしたら、過払い金請求ができる可能性があります。

これについては、こちらの記事「なぜクレジットカードのショッピングは過払い金請求できない?」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

 

2008年以前のクレジットカードや消費者金融のキャッシングリボ

キャッシングリボには、これまた2種類のパターンがあります。(1)消費者金融から借りたキャッシングのリボ返済と、(2)クレジットカードで借りたキャッシングのリボ返済、です。

(1)消費者金融のキャッシングリボ ・・・ 例)プロミス、アコム、アイフル、武富士
(2)クレジットカードのキャッシングリボ ・・・ 例)オリコ、セディナ、ライフ

貸金業法が改正され、総量規制などが導入される前までは、消費者金融だけでなく、クレジットカード会社も主な収益の大半はキャッシングでした。両者とも2007~2008年くらいまでは、上限金利29.2%の高い金利でキャッシングを行い、高い収益を上げていました。

その後、最高裁の判決により過払い金請求が急増したため、ほとんどの貸金業者が2007年~2008年にかけて、キャッシングリボの金利引き下げを行っています。そのため、2007年~2008年以前から、これら業者に借入があった方は、過払い金が発生している可能性があります。

金利の引き下げ時期 改正前金利 改定後の金利(当時)
アイフル 2007年8月1日以降 ~29.2% ~20%
アコム 2007年6月18日以降 ~27.375% 12%~18%
プロミス 2007年12月19日以降 13.5~25.55% 7.9~17.8%
セゾンカード 2007年6月以降 24%~27% ~18%
オリコキャッシング 2007年3月以降 7.8%~27.6% 7.8%~18.0%
ライフカード 2006年11月以降 18.25%~27.74% ~17.885%

出典:教えて!債務整理「過払い金が発生しないケースをまとめました

過払い金返還請求権の消滅時効は10年です。そのためリボ払いで借金を完済してから、まだ10年以上が経過していないケースで、かつ上記のように20%を超える金利で支払っていた場合には、過払い金請求が可能です。

また、現在もまだ継続して取引中で、残債(借金)がある場合には、支払い超過分と相殺することで、残債務が帳消しになる可能性があります。

 

ページの先頭に戻る