自己破産すると銀行口座は凍結される?口座開設はできる?

自己破産をするといま使っている銀行口座はどうなるのでしょうか?凍結されてしまうのでしょうか?また自己破産後に、新たに銀行口座を開設することはできるの?

自己破産をするときに、銀行口座はどうなるのか?ということを心配される方は多いと思います。本記事では、自己破産のときに銀行口座は凍結されるのか、新規口座開設は可能なのか、を解説します。

自己破産すると銀行口座は凍結される?
自己破産をすると、銀行口座が凍結されてしまうって聞いたんだけど、これって本当なのーっ?!
うーん、口座を開設して預金している銀行に対して、借金(カードローンなどの借入)があれば、凍結される可能性があるね。
ふーんっ、そうなんだーっ! 銀行口座の凍結はどのタイミングで行われるのかなーっ?
通常は自己破産を行う際に、弁護士が介入したことを通知する「受任通知」が送付される。これが届いた時点で銀行口座が凍結される、というケースが多いようだね。
自己破産できるかどうか、他の方法で借金が減らせるか診断してみよう
自己破産で銀行口座が凍結される理由

これについては「任意整理をすると銀行口座が凍結される?給与の振込は?」の記事でも解説していますが、基本的にはこれと全く同じような話になります。

銀行口座を開設しているのと同じ銀行に借金がある場合、銀行側は受任通知(あるいは裁判所からの自己破産の通知)を受け取った時点で、銀行口座を凍結し、口座残高を残債務と相殺します。

銀行口座の凍結の対策は?

銀行口座が凍結されてしまうと、ちょっとどうしようもありません。自己破産の弁護士費用や裁判所への予納金、などの破産計画に支障をきたす可能性もあるため、できれば弁護士介入通知を発送する前に口座預金は全ておろしておくべきです。

凍結後に振り込まれた給与や売掛金の扱いは?

銀行口座の凍結後、売掛金が振り込まれた場合はどうなるのでしょうか? 法律的には相殺禁止のルールといって、凍結後の振り込まれたお金を銀行が勝手に債権と相殺することはできません。

しかし実務上では、保証会社との関係などですぐに引き出しを許してくれるわけでもありません。そのため、相殺されることはなくても引き出しに制限がかかり、非常に面倒です。そのため、弁護士介入前に事前に、請求書の振込口座などを変更しておくことが必要になります。

 

凍結後のクレジットカードの引き落としに注意

自己破産の申請で銀行口座が凍結されたあとも、クレジットカードなどの引き落とし日で引き落としがされてしまうことがあります。本来は債権者平等の原則により、自己破産の申請前後には、特定の債権者だけに優先して返済をおこなうことは許されません。

最悪の場合、免責不許可事由にあたることさえあります。このクレジットカードの引き落としを避けるためにも、やはり凍結前に銀行口座の残高はすべて引き出しておくようにしましょう。

自己破産後でも銀行口座の開設はできる

自己破産の手続き後や、手続き中であっても銀行口座の開設は問題なくできます。そのため、電気や水道、ガスの引き落としの口座を新しく解説して、自己破産手続き中はそちらに管理口座を移す、というのも1つの方法です。

自己破産をすると銀行口座の開設はできなくなる、と思われていることも多いですが、特にカードローンなどが設定されていなければ口座の開設は可能です(借入はできません)。

ページの先頭に戻る